新年明けましておめでとうございます!
年末年始に実家に帰省されている方も多いことでしょう。
家族や身内が集まるお正月は、親せきの子供や両親などにお年玉をあげることになりますね。

年に一度のお年玉を待ちわびる子どもたちも世の情勢をチェックし、お年玉がいくらもらえるか?、を予想しつつスケジュールを立てているようです

さて、渡す立場になるといくら包めばよいか悩む方も多いことでしょう。
ここで、お年玉の相場をご紹介しましょう。

新生児から幼稚園の子どもには

1000~2000円程度が相場です。
赤ちゃんの場合は500~1000円程度が圧倒的。
小銭を包むはちょっと・・・と思われる方も多いので1000円札一枚が打倒でしょうか。

子どもが物心ついた3歳からは図書券なども有効です。
アンパンマンや今流行の妖怪ウォッチなど、好きなキャラクターが確立する頃だと思うので、本やおもちゃなど、好きなものを買えることにきっと喜ばれるでしょう。

小学生の子どもにはいくら渡せばよい?

小学校へ入学するとお年玉の金額も難しくなります。
小学生といっても低学年~高学年に進むうちに渡す金額も考えなくてはなりません。

1~2年生は2000円程度が相場のようです。
3~4年性は3000円程度が圧倒的。

5年生になると自分の趣味や好きなスポーツも確立され、勉強も忙しくなります。この年齢になると気持ちはかなり大人なので、自分で好きなものを買うこともできます。
お年玉の相場は3000~5000円程度が相場でしょう。

6年生になると卒業祝いも兼ねて1万円を渡す方が圧倒的に多いようです。

中学生になるとお年玉の金額アップ

中学生になると、さすがに渡す側の気持ちも慎重になりますね。
ひとりひとりの個性も確立し、それぞれに好きなものがありますので、物をもらうよりお金を渡して好きなものを買いたい年代でしょうから。

相場としては、5000~1万円ですが、1万円を渡すのが圧倒的のようです。
子どもが多い親戚に顔を出すお正月は、出費が多くなることを覚悟しましょう。

高校生にはお年玉あげなくてもよいんじゃない?

高校生になるとバイトをしている子どももいるし、「もうあげなくても良いのでは?」と思う方もいるでしょう。
親戚が多くて、子どもの人数が多いと、高校生の子どもまであげる余裕がない・・・。と頭を抱える方もいます。

しかし、顔を見たら渡さない訳にはいかず「高校生までは渡す」、という方が圧倒的に多いようです。
相場は、1万~2万円以上。
大学に入学するまでは渡すのが常識といったところでしょうか。

両親にお年玉、渡していますか?

お正月には滅多に帰省できないため、両親にお年玉を現金書留で送金される方もいるでしょう。

元々、お年玉というのは目上の人から目下の人に渡すもの。
働き盛りのご両親にお年玉を渡すのは失礼にあたります。

まだお若い年代のご両親には、お年賀として手土産や商品券などを渡すのがベストのようです。

最後に

年始の親戚周りや顔出しで忙しい季節となります。
特に小さなお子さまが多い年回りの頃は、出費で一苦労・・・。
今回ご紹介したのはあくまでも相場ですので、ご参考程度になさってください。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス