七福神めぐりとは、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、寿老人、福禄寿の七神を参拝することで、室町時代に民間信仰として始まったお正月の風習のひとつです。東京都内にも多数の七福神めぐりがあり、所要時間も半日かかるものから、小一時間ほどでまわれるものまで様々。

御利益は不老長寿、恋愛成就、開運厄除、商売繁盛、五穀豊穣、家内安全などなど。お正月は御朱印をいただけるところが多く、御朱印を集めた色紙は一年間お守りにもなります。

歩いて回る東京は意外な発見も!お正月太り解消に、2015年は七福神めぐりに挑戦してみませんか?私が今まで実際に出かけた七福神めぐりを紹介します。 

江戸最古の七福神めぐり。谷中七福神

谷中七福神

出典さとちん

谷中七福神めぐりは東京の下町、谷中を歩きながらまわります。江戸中期に始まったとされており、都内では最古の七福神めぐりです。七福神めぐりに順番は特にありませんが、JR田端駅の東覚寺からはじめ、JR上野駅の不忍池弁天堂を最後にするようめぐると、七福神めぐりのあとにアメ横で買い物や食事が楽しめます。

所要時間は2時間半ほど。開帳(御朱印がいただける)期間 2015年1月1日~1月10日 9:00~17:00

色紙 1,000円 御朱印1か所につき200円。

こちらの色紙は和紙でできているので、可能なら卒業証書を入れるような筒を持っていくと携帯に便利です。


不忍池弁天堂 弁財天 台東区上野公園2-1
護国院 大黒天 台東区上野公園10-18
天王寺 毘沙門天 台東区谷中7-14-8
長安寺 寿老神 台東区谷中5-2-22
修性院 布袋尊 荒川区西日暮里3-7-12
青雲寺 恵比寿 荒川区西日暮里3-6-4
東覚寺 福禄寿 北区田端2-7-3

出典さとちん

途中、谷中銀座商店街でメンチカツと冷たいビールを飲みながら休憩するのもお勧めです。

福笹と土鈴集めが楽しい深川七福神

深川七福神

出典さとちん

3つの神社と4つのお寺をめぐる深川七福神。色紙だけでなく、福笹の授与があり、各所で七福神の土鈴をかけていきます。福笹は富岡八幡宮でしかいただけないので、鶴岡八幡宮から深川神明宮に向かうのがお勧めです。

色紙は1,000円。その後御朱印は1か所につき100円です。福笹は1,000円。鈴は1個300円です。所要時間は2時間弱。

開帳期間は1月1日から1月15日 8:00~17:00

富岡八幡宮 恵比寿 江東区富岡1-20-3
冬木弁天堂 弁財天 江東区冬木22-31
心行寺 福禄寿 江東区深川2-16-7
円珠院 大黒天 江東区平野1-13
竜光院 毘沙門天 江東区三好2-7
深川稲荷神社 布袋尊 江東区清澄2-12-12
深川神明宮 寿老神 江東区森下1-3-18

出典さとちん

完成した福笹

出典さとちん

福笹は鶴岡八幡宮でしか手に入らないのでお忘れなく。

柴又駅前の寅さん像にもご利益あり。柴又七福神

柴又七福神

出典さとちん

七福神めぐり以外にも見どころが満載なので、時間に余裕をもって出かけたいコースです。京成高砂の観蔵寺が少し離れているので、ここからスタートすると、あとが楽です。観蔵寺から新柴又の医王寺まで、徒歩25分くらい。歩くのに自信がない人は電車を利用すると一駅です。

色紙は400円、その後1か所につき200円と、比較的リーズナブルに七福神めぐりができます。所要期間は1~2時間ほど。電車を使えば1時間ほどでまわれます。

開帳期間は1月1日から1月7日ですが、御朱印は9時~16時の間であれば、一年中いただくことができます。

医王寺 恵比寿 葛飾区柴又5-13
宝生院 大黒天 葛飾区柴又5-9-18
万福寺 福禄寿 葛飾区柴又6-17
題教寺 毘沙門天 葛飾区柴又7-10-3
真勝院 弁財天 葛飾区柴又7-5
良観寺 寶袋尊 葛飾区柴又3-33
観蔵寺 寿老人 葛飾区高砂5-5-2

出典さとちん

柴又駅前にある寅さんの像。この像もパワースポット。左足の親指を触ると金運がよくなるそうです。寅さん像の親指は、みんなに触られてピカピカに光っていますよ。

出典さとちん

お土産には、賞味期限半日の吉野家の草餅がお勧めです。他の草餅より濃い緑。口の中に入れると、よもぎの香りが広がります。絶品です。いつも行列ができていますが、回転は速いので列の長さに臆さず、並んでみてください。

1時間弱でまわれる日本橋七福神

出典さとちん

お寺だけをまわる谷中七福神に対して、日本橋七福神は神社だけをまわる七福神です。七福神めぐりと言ってますが、弁財天が2人いらっしゃるので実際には八福神です。

比較的コンパクトにまとまっているので、1時間弱でまわれる距離なのですが、東野圭吾の映画やTVドラマの舞台になって人形町が注目され、かなりの人が参加するようになりました。歩いている時間より、御朱印を待っている時間の方が長いので、防寒対策は忘れずに。

色紙は御朱印込みで2,000円。色紙の他に七福神のご神像を乗せていく宝船もあります(宝船 1,600円、ご神像1体300円)。ただし、宝船は人気でお正月早めに出かけないと、すでにその年の分は完売となっていることがあります。

開帳期間は1月1日~1月7日。7:00~17:00

椙森神社 恵比須 東京都中央区日本橋堀留町1-10-2
宝田恵比寿神社 恵比須 東京都中央区日本橋本町3-10
松島神社 大黒天 東京都中央区日本橋人形町2-15-2
水天宮 弁財天 東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
小網神社 弁財天 東京都中央区日本橋小網町16-23
末廣神社 毘沙門天 東京都中央区日本橋人形町2-25-20
小網神社 福禄寿 東京都中央区日本橋小網町16-23
笠間稲荷神社 寿老人 東京都中央区日本橋浜町2-11-6
茶の木神社 布袋尊 東京都中央区日本橋人形町1-12-10

出典さとちん

福禄寿と弁財天がいらっしゃる小網神社。第二次世界大戦の時には、出征奉告祭に参列し、御守を持っていった兵士が全員生還、東京大空襲の時にも奇跡的に戦災を免れているという強運厄除の神社です。こちらのお守りは、ぜひ手に入れたいところです。

出典さとちん

ランチのお勧めは親子丼発祥のお店「玉ひで」の東京軍鶏を使った親子丼。

芸術系にご利益ありそうな下谷七福神

出典さとちん

三ノ輪の寿永寺からスタートし、鶯谷の元三嶋神社まで、普通に歩けば1時間半ほどでまわれるコースです。三ノ輪駅と鶯谷で七福神めぐりの地図を配布しています。

法昌寺には、由利徹さん、赤塚不二夫さんが立てたたこ八郎地蔵があったり、七福神めぐりには入っていませんが、仕事がなかった渥美清が祈願したあと、「男はつらいよ」の役がまわってきたという小野照崎神社も途中にあります。芸能・芸術系を目指す人にはご利益がありそうな気がします。

色紙はハンコだけの色紙が300円、ハンコと御朱印用の色紙が1,000円。1か所につきハンコだけなら100円、ハンコと御朱印なら200円です。

こちらもご神像が1体400円で授与してもらえます。ご神像を乗せる台は鶯谷の元三嶋神社で授与していただけます。ご神像は金色で見るからにご利益ありそうですよ。

開帳期間 1月1日~1月7日。

元三嶋神社 寿老神 台東区根岸1-7-11
入谷鬼子母神 福禄寿 台東区下谷1-12-16
英信寺 大黒天 台東区下谷2-5-14
法昌寺 毘沙門天 台東区下谷2-10-6
弁天院 弁財天 台東区竜泉1-15-9
飛不動正宝院 恵比寿 台東区竜泉3-11-11
寿永寺 布袋尊 台東区三の輪1-22-15

最近は七福神めぐりがお正月の風物詩として定着しつつあり、新しい七福神めぐりもできています。現在都内には30以上に七福神めぐりがあると言われています。
お近くの七福神めぐりから初めてみませんか?

この記事を書いたユーザー

さとちん このユーザーの他の記事を見る

おいしいものが好き♪旅が好き♪パワースポットが好き♪カメラが好き♪そして、猫が好き♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス