2015年はひつじ年。羊といえばモコモコと可愛らしく、一方で北海道名物・ジンギスカンの食材としても有名ですが、正直なところそれ以上の知識はない方が多いのではないでしょうか?

ひつじ年は12年に1回しかやって来ませんが、羊を見たり食べたりする機会はきっと何回もあるはず!羊の豆知識を詰め込んでおきましょう。

1. 羊はウシ科

出典 http://www.re-green.jp

まずは生物学的な基礎知識ですが、羊は「ウシ目 ウシ科 ヤギ亜科」に属します。ウシ科は他にヤギやヌー、インパラなども含まれます。

2. ひつじが1匹、ひつじが2匹…

出典 http://www.rankingshare.jp

なかなか眠れない時に効果的だと言われるのが、「ひつじが1匹、ひつじが2匹…」とひつじの数を数える方法。しかしなぜ「ひつじ」なのでしょう?これは英語圏にルーツがあり、

(1)「ひつじ=SHEEP」が「SLEEP=寝る」に似ているから、
(2)「sheep」という音が寝息の音に似ているから

という理由だそうです。欧米の“受け売り”だったのですね。

3. 5km以上?

出典 http://www.ishitaya.com

ひつじといえばもちろん「ウール」ですが、あのモコモコした体からはどれぐらいの羊毛が取れるのでしょう?この疑問を解消したのが日本テレビ系人気番組『イッテQ』。

羊大国・ニュージーランドに赴き、ひつじの毛を刈って紡いで毛糸にしたところ、その長さは5369.6m!セーターが5着以上編めることが判明しました。

4. 早刈り選手権

出典 http://www.sip.or.jp


ひつじの毛の長さは分かりましたが、“プロ”はそれをどのぐらいの早さで刈り取るのでしょう?ドイツでは毎年「羊毛の早刈り選手権」が行われており、優勝者はおよそ3分で刈り取ってしまうそうです。

5. メリーさんのひつじ

出典 http://calorin.at.webry.info


小さな子どもでも歌える「メリーさんのひつじ」ですが、これは実話をもとにして作られました。

その昔、アメリカ・ボストンで、小さな女の子・メリーが学校に行くと、飼っているひつじがついてきてしまいました。ひつじは学校(保育園説もあり)までついて来てしまい、さすがに学校に入れるのはNG。するとひつじはメリーが外に出てくるまでじっと外で待ち続け、そのお話からあの歌の歌詞がうまれたそうです。

この記事を書いたユーザー

のんき&ブラザーズ このユーザーの他の記事を見る

いつもニコニコ、楽しく生きているライター軍団・のんき&ブラザーズです! 日々
仕事を求め、ヒーコラしている社畜軍団です。少しでも皆さんのお役に立てればいい
なぁ、と思いながら日々生きています。夜露死苦お願いします、押忍!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス