そもそもなんでお正月に餅つき?

出典 http://item.rakuten.co.jp

実はこれって、結構難しい質問なんです。

何百年も前からあった習慣で、詳しく「これが理由で」というのがないから。

なので一説。年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実り、家族みんなが元気で暮らせる約束をしてくれる神様がやってくると信じられていました。神様と一緒に食べるという意味で、お供え物が始まったとされています。

昔は行事があるたびに餅つきをしていました。今でもお彼岸のぼたもちや、ひなまつりのひし餅、こどもの日の柏餅など食べますよね?節目節目にある行事で餅つきをしていたようです!

丸餅?角餅?

出典 http://www.maff.go.jp

東日本→角餅

西日本→丸餅

が一般的でした。

餅の種類

出典 http://www.netyokocho.jp

「焼きもち」「柏餅」「あべかわもち」「草餅」、橡の実餅(とちのみもち)、糠餅 (こぬかもち)、黒餅(こくもち)、葛餅、稗餅(ひえもち)‥‥‥数えきれないほどたくさんあります。

また地方によって、多少呼び名も違います。

運動に最適!

出典 https://kneader.jp

運動中の主なエネルギー源となる“糖質(炭水化物)”が豊富に含まれています。

「ごはん」と「お餅」を各100gで比較すると、前者の炭水化物が37.1gなのに対し、お餅は35%増しの50.3g!

餅をついてはいけない日がある?

出典 http://www.mikimokuzai.jp

12月29日についてはいけないといわれています。

理由は「苦」がつき「苦もち」になってしまうからだそう。

餅の保存方法

出典 http://www.heisaku.com

もっともポピュラーな保存方法は、水を張った容器にお餅を入れておく方法です。

しかしこれは、お餅が水っぽくふやけてしまうのが難点。その他には、きれいな濡れぶきんでお餅を包んで冷蔵庫に入れておくのも方法もあります。

なぜ膨らむのか

出典 http://blog.livedoor.jp

もちの中に含まれている水分が、もちの主成分であるデンプンをやわらかくすることと関係します。

熱によって温められることで、餅の中の水分は、沸騰したときにでる泡のように水蒸気になります。この水蒸気に耐えられなくなり、膨らんでしまうというわけ!

出典 http://curet.jp

いかがでしたか?

お餅は日本の風趣として、しっかり伝えていきたい伝統です。

さらっと雑学披露で、インテリキャラを作っちゃいましょう!

この記事を書いたユーザー

risora このユーザーの他の記事を見る

「なんかこれいいかも」「ちょっと面白いー!」「知っていると得」など、いつもの暮らしにプラスアルファで楽しめる情報をお届けしたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス