年末年始や長期休暇の季節、新幹線での移動を予定していたのに、指定席の争奪戦に敗れてしまった…

人気の路線などはネットの事前予約ですら取れるかどうか危ういともいわれてしまう新幹線の繁忙期。近距離ならともかく、長時間移動する場合、やはり席は確保したいものですね。

そんな時にちょっとしたコツを知っていれば、自由席に座る確率がグンと上がる方法があるんです!

臨時列車や次の電車を待つ

繁忙期に臨時で出る臨時列車は、通常時刻表にある新幹線よりもねらい目です。通常とホームが違うので、多少わかりにくいというのはあるかもしれません。また、自分の前に多数の人が並んでいる場合は、一本見送り、次の便にするのもいいでしょう。

実は車両によって座席数が違う!座席数が多い車両に並ぼう

同じ自由席でも、実は車両によって座席数が違うのをご存知でしょうか?

人が少ない列だから…となんとなく並んでしまった経験もあるかもしれませんが、多少並んでいる人が多くても、席数が多い車両であれば座れる確率も上がってきます。

鉄道ファンなら周知の事実ですが、一般の人はあまり知られていないこの新幹線の自由席の数。どの新幹線でも2号車、4号車、6号車の座席数が、1号車、3号車、5号車より多いのです。(700系こだまE編成など、一部例外もあり)

特に自由席の車両が少ない「のぞみ号」の場合、1号車65席、2号車100席、3号車85席とその差は歴然です。この席数を知っているだけでも、自分の前に並んでいる人数を数えれば1本見送るかどうかの判断することができます。

また車両編成によっては「こだま」や「やまびこ」などの12号車~16号車付近に自由席が設置されている場合があり、通常自由席として認知度の高い1~6号車と比べれば、多少混雑が緩和されている傾向にあるようです。

「新幹線車両内設備のご案内(東日本)」や「JRおでかけネット(西日本)」(トップページから「鉄道のご案内」を選択、「列車」の「新幹線」から「車両案内」)で席番配置を確認する事ができるので、あらかじめ乗りたい新幹線が決まっているのなら事前に席数やトイレ位置などのチェックをしておくと、さらに安心です。

階段や改札の近くは混雑ぎみ

普段、通勤や通学で電車を利用している方はおわかりかと思いますが、やはり新幹線も階段や改札付近が混雑しがちです。

なるべく階段や改札から離れた車両を狙いましょう。

時間に余裕があるなら、各駅停車の新幹線を狙え!

どうせ新幹線を使うんだから、停車駅が少なくて早く目的地に到着できるものに乗りたい…そう考えるのは当然のことで、これらの理由から各駅停車の新幹線が実はねらい目なんです。

うまく乗る時間帯を考えれば、のぞみなどの停車駅が少ない新幹線を数本見送るよりも早く目的地へ到着できる場合も。

しかも「こだま」の場合、自由席は1~7号車・13~15号車と大半が自由席です。
ただし使用車両によって多少違いがあるのでご注意を。

とはいえ、座れないこともあります

始発駅でなければ、いくら席数が多い車両を選んだところで繁忙期はほぼ座るのは不可能と考えた方がいいかもしれません。

そんな時はできるだけ車両の真ん中付近に立っておくと、降りるお客さんがいた場合は席を確保できる確率が上がります。

座りたいなら新幹線の始発駅へ移動し、そこから新幹線へ並ぶ方が確実です。また距離的にそれが難しい場合、指定席が売り切れでもグリーン席なら空いていることがあるので、どうしても座りたいという場合はそちらも視野に入れてみるといいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

すがたもえ子 このユーザーの他の記事を見る

温泉ソムリエ、ライター。
旅やお祭りが大好きで、少し変わったスポットに足を運んでいます。
お化けから宇宙まで幅広く興味があり、不思議系や動物ネタも大好きです!
google.com/+すがたもえ子

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス