「地元で食べたアレ、思い出すと美味しかったよなぁ…」

そういう食べ物ってありませんか? 特別有名というわけでもなく、地域になじんでいるお店だったり食材だったり。今日はそういう感じの「隠れた名店」を一つ、ご紹介します! 

想夫恋(そうふれん)の焼きそば!

出典 http://tabelog.com

大分県日田市に本社を置く「株式会社 想夫恋」では、大分、福岡、佐賀を中心にすべて直営で店舗展開をしています。関東だと横浜に1店舗、東海だと名古屋に1店舗と、本当に「九州の隠れグルメ」です! 

焼きそばへの並々ならぬこだわり

想夫恋では文字通 り麺を焼きます。それも両面を少し焦げ目がつくくらいまで。こうすることで、表はカリッとキツネ色に焼きあがり、中は柔らかいままジューシーに出来上がるのです。独特の食感とシンプルだけど深い味わい・・・想夫恋でしか味わえないこの味は、長年に渡って、「一度食べたらやみつきになる」と多くのお客様からお声をいただいております。

出典 http://www.sofuren.com

そう、やみつきになるんです! アツアツの状態で提供される焼きそばは、フワッとしているのにところどころ『パリッ』という食感。これがくせになるんですよね!

作り手の熱い思いが味に確かに反映している

想夫恋では、半世紀に渡る伝統を守り続け、
毎年50名~100名の人が応募に来ます。
しかしキビシイ試験採用の末に、わずか1%しか残れません。
そして始めて想夫恋焼の焼そば調理が出来るのです。
それがプロとしての世界なのです。

出典 http://www.sofuren.com

経営層の思い

一例として・・・

◎味を守ることと、衛生管理上の為に一切出前をやってはならない。
◎黒っぽい衣類を身に着用してはならない。
◎定められた休日以外、店を休んではならない。
◎店と住居が一緒であってはならない。

注)生めん・パリッと・ソフト・鉄板・焦げ目・もやし・ショウガを添える・スープ付等は、全部想夫恋焼そば用語なのです。

出典 http://www.sofuren.com

筆者は福岡生まれで、この「想夫恋」がソウルフードです。今でも九州へ出張に行った時などは必ず立ち寄ります。博多、大分、佐賀あたりへ帰省される方や、プチ旅行を考えている方はぜひ立ち寄ってみてください! 
一口食べたら「今までの焼きそばって何だったんだ…」と思えることうけあいです。おやつサイズの小盛りもありますので、見つけたらぜひ! 

この記事を書いたユーザー

三田ルーラ このユーザーの他の記事を見る

ランニングが大好きです。一人でどこへでも行ける性格です!
出張の多い仕事なので全国のビジネスホテルにも詳しいです。
温泉付きのリーズナブルなホテルによく泊まっています。

好きな食べ物は焼き鳥、たこ焼き、クレープです。
歩きながら食べられる食べ物が好きです。

特技は電車で次の駅で降りそうな人を当てること、趣味は読書です。
シチューはご飯にはかけない派です。
人生死ぬまで楽しんだもの勝ち! というスタンスで
面白いことを更新していきたいと思います!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス