東京駅100周年を記念して限定Suicaを東京駅で発売したが、1万人近い人が集まり大混雑になったため、結局発売が中止になった事件は皆様の記憶に新しいでしょう。もちろん並んでいた人は気の毒ですしJR側の対応の甘さが叩かれていました。

が…。本当にそれだけで終わってしまって良いのでしょうか? 詳細は詳しくは書きませんが、少し気になったことがあります。

確かにJR側に問題点は多いですが、謝罪したところ罵声を浴びせる鉄道ファンの方。その怒りもわかります。しかし、その人たちに怒りをぶつけて何になるのでしょうか? 駅員の指示を聞こうともせず、徹夜組がいたり、その方々が暴動を起こすことで駅自体の機能を著しく低下させていることはわかっているのでしょうか?

 大好きなものが手に入らないからと暴れるのはただの子供です。もちろん、ルールを守って並んだ方もいたでしょう。静かに帰った方もいたでしょう。購入しに行った方に喧嘩を売っているわけではなく…

これは人間の目線の話に繋がると思うのです。その場で怒りをぶつけても何も変わりません。ただ自分が少しスッキリするだけです。何もせず帰った方はこの目線を持っていたということです。自分がここで暴れても何も変わらない。まわりに迷惑がかかる。この駅員さんに言ったって仕方ない。決めたのは別の人たちだし何も変わらない。そう考えているのです。

何か怒りに出会ってしまったとき、一度深呼吸をしてみて下さい。ここでぶつけても仕方がない。人に怒りをぶつけるには体力が必要です。

まわりも嫌な思いをします。…もちろんよく考えてコイツには怒らなきゃならん!って時は怒るべきだとは思いますがね

この記事を書いたユーザー

kise このユーザーの他の記事を見る

フリーライターです
元芸能関係の仕事をやっていました
現在は雑誌やウェブに関わっています
よろしくお願いします!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス