イケダハヤトです。

独身の皆さんこんにちは!クリスマスイブですね。結婚して3年。結婚してよかったなぁ、と思うことを書いてみます。

毎日の飯がうまい!

「独身生活の何が辛いって、独りでご飯を食べることですよね」という記事を書きましたが、パートナーがいると毎日の食事が変わりますよね。

一人だと5分でモソモソ「栄養補給」するだけですが、目の前に一緒に食べる人がいるだけで、食事の時間は「娯楽」に変わります。うちは双方食べるのが好きなので、「このお米うまいな!」「カツオのたたきとこの日本酒合うね!」「トマトうますぎ!」と盛り上がっています。

「家めしこそ最高のごちそうである」とは佐々木俊尚さんの名言ですが、付言すると「家族と食べる家めしこそ最高のごちそうである」が正確だと思うんですよね。ひとりで食っても寂しいし、食事の味も変わるじゃないですか。

友達がいらない!

ぼくは全然友達がいないんですよ。それはもう本当に。「友達と休日にどこかに行く」という行動を5年以上取っていない気がします。本当に、友達なんて要りませんよ。

なぜなら!妻と娘がいるからです!

妻はある意味で、もっとも気心が知れた友人でもあります。何をするにも基本的に遠慮は不要。外出時にお腹の調子が悪いときは素直に「ごめん、またトイレ行ってきていい?」「今日4回目じゃん」と平和にやり取りすることができます。友達と遊んでいると、トイレに行きたくてもいけなかったりしますよね。

これは個人差があるのを承知で書きますが、ぼくは、友達付き合いって時間の無駄だと思っちゃうんですよねぇ。仕事の付き合いはいいですが、無目的に友達とダラダラするのってあまり好きじゃなくて。そうやって割り切れるのも、妻がいるからなんですよね。ぼくは寂しがり屋なんで、結婚してなかったら頑張って友達作っていたと思います。

イベントが楽しい!

これは話がシンプルで、パートナーがいるとクリスマスとか楽しいですよ正月とかも実家に帰る楽しみができたり。独身時代はクリスマスとか大晦日とか、なんか虚しかったことを覚えています。心が弱いんです。

人格が磨かれる!

ここまで読んでお分かりの通り、ぼくは人間が腐ってるんですよ。まぁ、腐ってなければブログなんてやりませんからね。長期間にわたって文章を書き続けられるブロガーは、みなどこか人間的に腐っています。

そんな腐っているぼくですが、妻と結婚してからは、人間的にだいぶマトモになってきたんですよ。「思いやり」という字はぼくの辞書になかったんですが、最近はその意味くらいはわかるようになってきました。あぁ、これが思いやりなんだなぁ、と。ぼくはろくに実践できませんけどね。

これは誇張とかではなく、妻と出会っていなかったら、ぼくは犯罪者になっていたか、自殺していたと思います。いや本当に。ご多分に漏れず?若かりし頃はいろいろ道を間違っていたので…。

子育てが楽しい!

最近は選択的にシングルマザー/ファザーになる人もいるので、こちらは一概に結婚のメリットとはいえませんが、結婚を機に子育てができたのはよかったと感じております。

子育ては大変なことの方が多いくらいで、現代社会においては合理的とは言えない選択ですらあると思いますが(だからこそ少子化になるわけですし)、やっぱり得難い楽しさ、幸せがあるんですよね。

良くも悪くも環境がガラッと変わりますから、自分も大きく変化していきます。こういう変化を積極的に楽しめる人は、子育てをするといいんじゃないかと思います。うちの妻とか出産前と比べると別人ですよ、もう。

経済的に安定しやすい!

ここら辺はケースバイケースで一概には言えませんが、我が家の場合は夫婦共働きなので、そのぶん経済的な安定が得られています。

20台前半で年収300万円でも、夫婦ダブルインカムなら年収600万円ですからね。その気になれば、毎年300万円くらい貯金できるんじゃないでしょうか(実際うちはそんな感じでした)。

育児や独立時など、どちらかが稼げない期間も、共働き前提ならうまく支え合うことができます。我が家の場合はここ2年くらい、妻が子育てを頑張り、ぼくがメインで働いています。ぼくが独立した2011年は、だいぶ妻に精神的に支えてもらいました(なんせ売上ゼロでも妻が毎月稼いでくれるわけですから)。

結婚したい人はすればいいと思います

とまぁ、色々書いたわけですが、結婚はしょせん個人の選択であって、したくない人はしなくてもいいと思いますし、したい人はすればいいと思います。ある種の中間的解として、「事実婚」を選択するのもいいと思います。

一応書いておくと、子育ても同様ですよね。子育てしたい人はすればいいし、したくないならしなくていいと思います。押し付けるものではありません。

ただ、強いていえば、こういう時代なので、男女問わず頼れるパートナーがいると人生は生きやすくなるとも思います。ぼくは実際相当助けられていますし、これからも助けてもらうのでしょう。

メリークリスマス!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス