BABY IN CAR のステッカー

出典 http://www.amazon.co.jp

車を運転する人なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 

筆者の駐車場の近くにも、これをつけた車があります。「ああ、赤ちゃんを乗せることがあるんだな」「この車の持ち主には赤ちゃんがいるんだ」と思いました。もし道でこのステッカーを付けた車がいたら親切にしてあげよう…いわゆる初心者マークやもみじマークのようなモノ…そんな風に思っていました。

しかし! このステッカーはそんな単純なモノではなかったのです。

このステッカーが威力を発揮するのはこんな時

出典 http://matome.naver.jp

そう! 万一の事故の時に救護の人に知らせるためです。 

ある夫婦が、高速道路で事故に遭遇した。レスキューはその夫婦は助けたのだが、赤ちゃんが乗っていることに気が付かず、その赤ちゃんは救出されることなく焼死した。

デザイナーだった夫婦は、二度とこのようなことないように願いを込めてあのステッカーを作成した...ステッカーは、周囲のクルマにではなく、レスキューに対して向けられたものだったのだ。

出典 http://webgpe.blog82.fc2.com

このステッカーが作られた本当の理由はここだったんですね。

もちろんレスキュー隊の方もプロですから、通常の事故ではチャイルドシートや車内確認で赤ちゃんを助け出すでしょう。しかしながら「まず赤ちゃんを助けて!」という願いをこめて貼っている親の気持ちがこめられたこのシール。意味を知るとちょっと違う目でこのステッカーを見ることができそうですね。

でも…アレ? なんかこう引っかかるものが…BABY IN…CAR!? これって英語としてオッケーなの?

某翻訳サイトにBABY IN CARと入力し翻訳すると「車の赤ん坊」と翻訳されました。本来は車に赤ちゃんが入っています。(車の装備として赤ちゃんが入っています。)の意味となり英語としては通用しません。

また欧米ではBABY ON BOARDが正解でBABY IN CARを使用する事は無いようです。しかしここは日本、英語の苦手な日本人に分かり易い「和製英語」としてBABY IN CARは誕生しました。

出典 http://babyincar.com

なるほど。キャッチーな和製英語だったのですね。納得です。何はともあれ、赤ちゃんを危険から守りたい気持ちは伝わってきますよね。

最後に、最近ではいろいろなステッカーが売られているようです。お好みのデザインのものを貼って、安全運転をこころがけたいですね。

くまモンの【Baby in Car】ゆっくり走るモン。

出典 http://www.amazon.co.jp

この記事を書いたユーザー

三田ルーラ このユーザーの他の記事を見る

ランニングが大好きです。一人でどこへでも行ける性格です!
出張の多い仕事なので全国のビジネスホテルにも詳しいです。
温泉付きのリーズナブルなホテルによく泊まっています。

好きな食べ物は焼き鳥、たこ焼き、クレープです。
歩きながら食べられる食べ物が好きです。

特技は電車で次の駅で降りそうな人を当てること、趣味は読書です。
シチューはご飯にはかけない派です。
人生死ぬまで楽しんだもの勝ち! というスタンスで
面白いことを更新していきたいと思います!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス