2014年12月22日は、朔旦冬至(さくたんとうじ)

19年に1度しか出会えない!

「朔旦冬至」は新月と冬至が重なる、19年に一度しか出会えないとってもレアな日なのです!

2014年の次の『朔旦冬至』は、19年後ではなく38年後の2052年になります。 これは、旧暦2033年問題によるもので、こんな事態が起こるのも1844年に天保暦が制定されてから189年で、初めてのことです。

出典 http://grapee.jp

しかも、今回の次は19年後ではなく38年後だそうです!本当にレアな今回なんですね。

新月って?

新月は、太陽と地球の間に月が入った状態です。満月を迎えた月が徐々に細くなっていき新月となり、再び満ちていきます。新月とは月の光が一番弱くなる時であると、「月が力を取り戻す日」でもあります。

出典 http://howcollect.jp

月が一番細くなっている状態なんですね。つまり、今日から満月に向かって徐々に太くなっていきますよ〜というスタートの日。

冬至って?

1年の中で昼が1番短い日。それが冬至です。冬至が過ぎれば昼の時間は徐々に伸びていきます。つまり、冬至とは「太陽が力を取り戻す日」なのです。

出典 http://howcollect.jp

今日から温かい季節に向かって、徐々におひさまが出る時間が長くなりますよ〜というスタートの日なんですね。

二つのスタートが奇跡的に重なる!すっごくレアな今日

「朔」は新月の意味、また「旦」は朝や夜明け、太陽が昇ってくるときという意味であり、19年に1度だけ太陽の復活と月の復活が重なる「朔旦冬至」は、大昔より滅多に訪れることのない大変“おめでたい日”とされ、宮中などでも宴が催されていたといいます。

出典 http://mizu8882.blog.fc2.com

はるか昔からその貴重さが信じられ、お祝いされてきたと思うと不思議な感じがしますね。

2015年に向けてのリセットにふさわしい日

出産が増えたり、株価に影響したり、願い事が叶ったり、月は昔から偉大なパワーを持つと信じられています。

新月はリセットと新たな始まりを意味する月です。財布やカバン、引きだしの中身を一度全て出して新月を越えることで、よい運を呼び込むことができます。願をかけるのであれば、具体的に。他人頼みの願いではなく、自分がどうなりたいのか、どう変わりたいのかをしっかりと考えて願ってみましょう。

出典 http://howcollect.jp

レアな今日しか出来ない、いろんな整理をやってみよう。運気上昇のきっかけになるかも!

さらに運気が上昇するかも…冬至にすると良いことは

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいたのです。

出典 http://allabout.co.jp

運、ぜひ盛ってみたいものです!

冬至にはかぼちゃやこんにゃくを食べて柚子湯に入る習慣があります。冬至にかぼちゃを食べるのには、中風(脳卒中)や風邪を引かないとか金運を祈願する意味があるようです。寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったと言われています。こんにゃくを食べるのは一年間たまったの砂下ろしをするためだとか。

出典 http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp

カボチャはビタミン豊富で、風邪予防はもちろん、美肌や動脈硬化にも効果があるそうですよ!

2014年の反省を来年に活かして、2015年を素晴らしい年にするために…。朔旦冬至を良いチャンスと考え、リセットの日として活用してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

hinagon このユーザーの他の記事を見る

主婦暦5年目の34歳。5歳のダウン症の娘、2歳のやんちゃ息子と旦那1人の4人家族。田舎育ち。実家は牛の放牧をしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス