12月23日…

遂にあの『珍猫たまたま』がLINEスタンプとしてデビュー。
初申請から24時間以内の世界最速リジェクトを受けつつ、9月16日のアップデートを最後に4ヶ月の放置プレイ。

そのLINE運営からようやく承認が降りた。足掛け10年半の軌跡を辿り、今ここに『珍猫たまたま』は伝説となるのだ!

待望の珍猫たまたまが遂に販売決定!

皆様の応援のおかげ(?)で、LINE運営から放置プレイされた4ヶ月の沈黙を破りようやく発売と相成りました!

伝説までの軌跡はこちらから

発売を心待ちにしていた人達

独占インタビューで明かされた『珍猫たまたま』誕生秘話

伝説の『珍猫たまたま』作者であるChiba氏との独占インタビューに成功した。そこで明かされたのは、驚愕の事実だった。

仲良し夫婦のちちくり合いから生まれた愛の共同作品

出典 https://twitter.com

なんとも可愛らしい風貌と、堂々たる快楽の表現力が魅力の『珍猫たまたま』。これを描いたのは、完全素人のChiba氏の奥様だという。

これほど自由奔放なキャラを女性が描いていたとは!!

Chiba氏:理由としましては、初め僕も描いていたのですが奥さんの方がヘタウマで良かったこと。

津田:ネタやセリフも奥様のセンスですか?

Chiba氏:そもそもの企画は僕ですが、ネタやセリフ等は半々というか、共同で作っていった感じです!奥さんがどうしても入れたいというものや、二人がいいねこれというものなどまちまちって感じです。

まさにお二人の愛の共同作品、いや、愛の結晶だと言えよう。


出典本人取材

作者オススメの『珍猫たまたま』スタンプ活用法

出典Chiba氏提供

Chiba氏:今回のスタンプは「こっ!」というスタンプがポイントでして、「ちーん」「うーん」「お、おま…」「ん?」に繋げられることに反響いただいていました!

出典本人取材

出典Chiba氏提供

それぞれ単体でも使えるし、別の言葉に繋げることもできる。なんと用途の幅が広いスタンプであろうか!

リリースは12月23日(火)昼12時~

今後、ネットを賑わすこと必須の伝説のスタンプ『珍猫たまたま』。待ちわびた人も!初めて知った人も!スタンプゲットはこちらから↓

この記事を書いたユーザー

津田マリリン このユーザーの他の記事を見る

日本で唯一?の『女子の女子による女子のための(自称)スマ女ライター』。スマホアプリ、育児、結婚、アニメなどの記事を書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス