フリーアナウンサーの長谷川豊です。

こんなご意見をいただきました。

私は今回投票に行きませんでした。政治に興味が無いからです。その事について知人に叱られてしまいました。 

ただ私としても言いたい事はあるのです。その知人は政治に興味は無いと言っていましたし、ニュースも観ないし、新聞も読みません。確かに若者の投票率が低いとよく言われています。だからといって、政治に興味がないのならどうやって知人は党を、候補者を選んでいるのでしょう。投票率の低さの根底には、政治に対する興味の薄さがあります。政治に興味がないのに投票には行く、というのに私は違和感を感じました。 

その時は少々感情的になっていたのもあり、上記のようなことを知人に言ってしまいましたが、頭を冷やして考えると自分自身の意見にも疑問が出てきました。 

とりあえず投票率という数字を上げることで、マスコミの方々や政治家の方々に対する一種のプレッシャーとなり、政治が変わってくる面もあるのかも知れないな、とも思ったのです。 

何はともあれとりあえず投票に行った方がいいのか、勉強もせずに行くくらいなら行かない方がマシなのか、よろしければご意見をお聞かせ頂けると幸甚です。(聡さん)

出典 http://blog.livedoor.jp

いえいえいえ!

聡さん、あなたは間違っていませんよ!むしろ、お友達の方が少しメディアの言葉に流されてしまっていますね。今回は確かに最低の投票率でしたね。で、選挙も終わったので、はっきりさせておきますが…

選挙なんて、行こうと思わなかったら行かなくていいからね?

ホントですよ?メディアがああいっているのは別に間違っていないし、行った方がいいような気もするし、それも間違ってはいません。でも、その傾向が強すぎると、

選挙に行かないなんて情けない!
国民の大切な権利をないがしろにして…!

なんて言う人も少なくなくて…。聡さんはそういうお友達に怒られてしまったんですね。そのお友達が「間違っている」とは言わないですが、少し「メディアに流されて」しまってる気はします。

中には

「選挙に行くことは国民の義務ですから!」

なんてアホなことを口走るテレビのコメンテーターまでいる始末で…。僕、今回の選挙の最中、どことは言わないけれど、確認しただけで2人いました。「選挙が義務だ」って抜かしてるアホコメンテーターが。

選挙、義務じゃないですからね。安心してください。

いいですか?国民の義務は3つです。

・税金を納めること(納税の義務)
・しっかり働くこと(労働の義務)
・子供が生まれたらちゃんと勉強させること(教育の義務)

選挙はね、「権利」です。放棄するのは全然勝手です。特に今回のケースは2週間以上前から「自公で300議席超!」って報道が出まくっていて、いくらなんでもそこまでワンサイドゲームになったら興味がなくなるのも当然なんです。

僕、聡さんの感覚の方が絶対、普通だと思いますよ?自民党を応援してる人も、自民党に反対票を投じたい人も、あんな報道出て、選挙に行く気になるわけないじゃんね?ものすごいお金かけた調査で、「300超!」とか出てるんですよ?普通、あ、そうっすか、になります。

もう一つ、これは何度も僕のブログで書きましたが、今回の選挙はあまりにも野党が体たらくでした、体たらくっていうか、みんなの党にいたっては無くなってるしね(涙)。選挙どころじゃないし。投票したいところがないんだもの。聡さんの方が絶対に「普通の感覚」です。全く悪くなんてないですよ?それでもいいんです。もちろん、行った方がいいとは思うけどね?無理に行くことなんてないんです。ましてや、責められる必要なんてないですからね。

日本という国は、みんなで作っています。それを民主主義って言います。で、民主主義のいいところと悪いところがあって、民主主義ってね…

「民衆の、民衆による、民衆のための政治」

なんですね。なので、みんなでどんどん参加すべきだったりします。でも、民主主義ってね、言葉を変えますとね、

「今生きてる民衆の、今、大多数を占めてる民衆による、これから大人になるガキどもなんざどうでもいいので今生活してる人間たちのみが都合のよくなる政治」

ともいえるんです。リンカーンっていう髭のおっさんがいて、とっても偉い人ではあるんですけど、そのおっさん、そこのところをうまいことごまかしてんですね。「民主主義」ってのはただの「多数決システム」でしかなくて、いい面も悪い面も当然あるんです。

で、その民主主義の悪いところが、日本では出まくってるんです。少子高齢化の影響です。これも僕のブログで何度も指摘しているので、興味があったらさかのぼって読んでみてくださいね。

ここまでジーさんたちが多くなりすぎると、年金政策をはじめとした年寄り政策を重視しないと選挙に当選しないから、若者なんてほっとかれるんです。しょうがないんです。だって国のお金のパイってのは決まってるんだから。若者に投入しようと思うなら、どっかから持ってかないといけないんだし。

今の日本って、65歳以上の人口がすでに3000万人を超えています。この人たち、みんな選挙権持ってるんです。僕は65歳以上の人間、もう投票権をはく奪すべきだと思ってるんだけれど、その票に支えられてる自民党がそんな法案、通すわけないしね。

そんな訳で、じじーとばばーが喜ぶために、今年も50兆円とか、意味の分からない借金がまた加算されています。収入40兆円しかない国がね(笑)。現在、借金、GDPの倍以上の1000兆円、絶賛突破中。

僕らが返すんだって。どうやって返そうね?この借金。うひゃひゃ。

高齢者人口が多すぎて、若者が投票に行こうが行かなかろうが、何も変わらないっていう若者の意見は、実はそこまで間違っていません。自民党の大票田である、道路とか作る人たち、お医者さんや薬売ってる人たち、そして大企業のお金持ちたち…彼らの総人数はあまりにも多い。実際、多少の若者が選挙に行ったところで、確かにほとんど動きません。だって多数決なんだから。それが民主主義です。

こんなことはっきり言う人、聡さんの周りにはいないだろうけれど、きれいごと抜きにして言えば、自民党からお金をもらわないと、食うに食えない人たちがすでにものすごい数いて、その人たちは絶対に自民党に入れるんだから、これからも無駄な道路は出来ますし、お医者さんは必要のない薬を処方してくるでしょう。廃墟と化した保険料で建てられた建物も、減りはしません。しょうがないんです。違法じゃないし。民主主義だから。
なかなか日本の政治なんてものは変わらないんですよね。無気力に、無関心になるのも、気持ちはわかります。そしてそれを間違ってるとも言えません。

日本人ってね、全体的に、自分のこと、大好きなんです。無宗教の関係なのかなぁ…。人のためよりは自分のためって人が全体的には多いんですよね。子供たちのことなんて邪魔者扱いする人までいて、ベビーカー押してるだけで普通に邪魔者扱いされたりするでしょ?こんな先進諸国、世界にないぜ?マジで。
なので、多数派のシーさんバーさんがぬくぬく生きて、僕たちが借金を返すしかないんです。

もう一度言いますね。リンカーンのヒゲ親父はうまいこと言ってごまかしてるだけです。

民主主義とはね、「今生きてる民衆の、今、大多数を占めてる民衆による、これから大人になるガキどもなんざどうでもいいので今生活してる人間たちのみが都合のよくなる政治」なんです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス