紅白歌合戦、年賀状づくり、大掃除など、お正月に向けた話題が気になる、師走の半ば。最近では、レシピサイトやレシピアプリの充実もあり、「おせちレシピ」を目にする機会も増えてきましたよね。

ちなみにわたしは20代後半の一人暮らし独女ですので、そこそこ料理はします。が、正直「まずくない」ものを作れる程度……。おせち料理はいまだに作ったことがありません。

しかし!そろそろ結婚のことも意識して(予定はありませんが!)、ワンランク上に上がりたいなと思っている今日この頃。となれば、今年はおせち料理に挑戦しちゃいたいと思います!

とはいえ、やっぱり和食は味、見た目ともになかなかハードルが高いのですよね……。そこで、今回は、料理初心者にもオススメの、“簡単・おいしい・美しい”おせちレシピを、うすくち醤油で有名なヒガシマル醤油さんに聞いてみました!

■おせち料理の必須アイテムは「うすくち醤油」

出典 http://social-trend.jp

レシピをお聞きする前に、絶対に欠かせないおせちの必須アイテムを教えてもらいました。それが「うすくち醤油」!

和食といえば醤油、というのはもちろんわかるのですが、「うすくち」とか「こいくち」とか……正直、わたしはレシピサイトにそう書かれていても「なんのこっちゃ」「醤油は醤油でしょ」と、見て見ぬふりをして参りました。同じように思っていた方、実は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そもそも、一般的な醤油として普及しているのは「こいくち」の方が多いようですが、「うすくち」の方が素材の持ち味を生かすために、色や香りを抑えた醤油なのだそう。だから美しさや上品さが重要なおせちにピッタリなんですね!

ところがうすくちといっても、味の方はむしろこいくちよりも塩分が少し高いので、少量でしっかり塩味がつくそうです。しかもだし味を引き立てるので、料理全体では低塩に仕上がるみたいです。

なるほど、だから見た目で入れるのではなくて、レシピにはきちんと「うすくち醤油 小さじ3」といった具合に書かれていたんですね……。これがわかっただけでも、もうワンランク上に上がれた気がします!

■しょうゆを造り続けて400年!「ヒガシマル醤油」オススメの“簡単・おいしい・美しい”おせちレシピ3選

醤油の知識も手に入れて、早速わたしのような初心者にもオススメのおせちレシピを教えていただきました!

①ミニ伊達巻き

出典 http://www.higashimaru.co.jp

まずひとつめは定番、伊達巻き。

溶いた卵に、しょうゆ、みりん、砂糖を加えますが、このしょうゆが「うすくち」であるからこそ、上品なおいしさと、やさしい絶妙な黄色に仕上がるんだそうです。
確かにいつも作っている卵焼きに「こいくち」醤油を入れると、もっと茶色くなってしまいますもんね。

詳しい作り方はこちら

②サーモンのアボカドロール

出典 http://www.higashimaru.co.jp

お皿にのせた時のオシャレ感がダントツなのがこちらのアレンジおせち。

ここでポイントになってくるのが、アボカドと混ぜ合わせる、しょうゆ、レモン汁、オリーブ油、カレー粉です。うすくち醤油を使うことで、色合いも、より一層鮮やかに出来上がります。

作り方は、こちら

③煮しめ

出典 http://www.higashimaru.co.jp

そして、正月らしさ、おせちらしさを彩るのがコチラ

里いも、ごぼう、たけのこ、にんじん…とそれだけで色とりどり。ここにきれいなしょうゆの色が加わり、ほどよい味に。煮物って、このさりげないしょうゆ加減が難しいんですよね。うすくち醤油を使えば、お正月の主役になれること間違いなしです!

これら3つのレシピを紹介いただき、感じたのは、なんといっても料理の見栄えのよさ!普通のこいくち醤油なら色が付きすぎてしまうところ、うすくち醤油なら素材本来の色を引き出し、やさしく品のいい印象になりますよね。

こんなプロっぽい見た目なら、きっとFacebookやInstagramなどのSNSにアップすれば、友人や異性からも一目置かれそう…!

さて、うすくち醤油、と連呼してしまいましたが、今回ご協力いただいたのは、ヒガシマル醤油さん。

出典 http://social-trend.jp

写真の特級うすくちしょうゆから、特選丸大豆うすくちしょうゆ、特選有機うすくちしょうゆ、超特選丸大豆うすくちなど、素材の旨味と色を引き出してくれるシリーズがそろっています。

今年がおせちに初挑戦という方や、苦手意識があった方でも、“簡単・おいしく・美しく”してくれる心強い味方になってくれそうです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス