Pentatonixとは

2013年11月、Daft Punk の曲をカバーしたメドレー「Daft Punk」が、YouTubeで公開5日で700万再生、20日で1,800万再生を記録。瞬く間にネット上で話題となり、日本のラジオなどでも紹介され始める。

日本でもAmazonにてCDの取り扱いが開始されたほか、2014年7月30日には待望の日本デビューアルバム「PTX vol.1&2(ジャパン・エディション)」がリリース。SUMMER SONIC 2014への出演を果たし、日本国内での知名度もより上昇しつつある。

出典 http://dic.nicovideo.jp

メンバー構成

Scott Hoying(スコット)
ボーカルを担当。リーダー的存在。背が高く、金髪でアゴが特徴。
Kirstie Maldonado(カースティ)
ボーカルを担当。紅一点。ナイスバディで歌う時に右側だけ口角が上がるのセクシー。
Mitch Grassi (ミッチ)
ボーカルを担当。メガネが似合うオシャレ男子。
Avi Kaplan (アヴィ)
ベースボーカルを担当。髭が特徴。低音域の音に定評がある。
Kevin “K.O.” Olusola (ケビン)
ボイスパーカッションを担当。チェリストでもある。黒人特有のノリの良いリズムを刻む。

出典 http://dic.nicovideo.jp

YouTube動画の再生回数は1億回超え!!

[Official Video] Daft Punk - Pentatonix

出典 YouTube

テレビなどでも話題のこちらの動画、再生回数はなんと1億回以上!!世界に多くのアカペラバンドはあれど、これだけの再生回数を叩きだしたグループはいない、ネット時代だから生まれた奇跡のバンドです。

その他の有名曲カバー曲もとにかくすごい!

Let it Go

出典 YouTube

As Long As You Love Me

出典 YouTube

Winter Wonderland / Don't Worry Be Happy

出典 YouTube

オリジナル曲も聴き入ってしまうクオリティ

That’s Christmas To Me

出典 YouTube

Run to You

出典 YouTube

Love Again

出典 YouTube

どれを取っても超ハイクオリティで、思わず聴き入って感動するレベルですね。今後も新曲がリリースされるのが待ち遠しくてたまりません!今後の動向はYouTubeチャンネルや公式ウェブサイトでチェックできます。

この記事を書いたユーザー

Shin このユーザーの他の記事を見る

ネット系の事業開発を仕事にする青年ビジネスパーソン。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス