テレビ東京系で、2014年11月2日(日)16:00~17:15 に放送された、あまり知られていない世界レベルの日本人マイナースポーツ選手を紹介したスポーツドキュメント番組「世界を驚かす!日本人スポーツヒーローたち」。

本番組にて紹介された選手たちが実施しているクラウドファンディングの3プロジェクトが残りいよいよ1週間となり、話題となっているのでご紹介いたします。

クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。

出典 https://www.makuake.com

一流レベルなのに資金が集まらず、活動が困難なマイナースポーツの現状…

一流選手にもかかわらず、マイナースポーツなので支援が少なく、競技備品や合宿費用、海外遠征の渡航費及び宿泊費など、ほとんどの費用は選手が1人1人が自己負担をしている状況だという。日中仕事をしつつ夜間は練習に励むという選手も多いようだ…。

徳島のローラーフィギュア王子!世界進出応援プロジェクト

ローラースケートフィギュア日本代表・西木紳悟選手は1988年に徳島県で生まれ現在26歳。9歳からローラースケートフィギュアを始め、競技歴16年目の大ベテラン。
ローラースケートフィギュアとは、「ローラースケートを履いて行うフィギュア競技」のこと。国によってはアイススケートのフィギュアより競技人口が多い国もありますが、日本では、現在の競技人口は約100人。まだまだ少ないのが現状です。

日本代表として数々の国際大会に出場してきた西木選手だが、日本ローラースポーツ連盟からの支援はなく、大会のエントリー費・遠征費・宿泊費などは全て自己負担。

国際大会に出場などで日本を離れる事が多い西木選手は、正社員で働く事が難しいのが現状。現在はアルバイトを2つ掛け持ちし、そのアルバイト代を遠征費などに充てている。

出典 https://www.makuake.com

そんな西木選手。クラウドファンディングに挑戦中です。あと約40万円目標金額の80万円達成です!西木選手の世界進出を応援したいという方は「Makuake」よりクラウドファンディングプロジェクトをチェックしてみてくださいね。

日本セパタクローチームの強化・選手のサポートをしたい!

セパタクローとは、ボールを手ではなく足(キック)や頭(ヘディング)で扱う点ではサッカーに似ており、バレーボールなどと同様境界にネットを置いたコートを使用することから、「足のバレーボール」とも呼ばれています。

セパタクロー日本代表の寺本進選手が「セパタクローを多くの人に知ってもらい、メジャースポーツへしたい」との思いで、クラウドファンディングに挑戦中です。目標達成まであと60%

女子フィールドホッケー日本代表「さくらJAPAN」!

オリンピック3大会連続出場を果たした、女子フィールドホッケー日本代表「さくらJAPAN」!2016年のリオ五輪出場を最大の目標と捉え、選手一同が目標に向け強化に励み打ち込める環境を作りたい」との熱い想いからクラウドファンディングを実施中です。プロジェクトはこちらから。

いかがでしたか?
実力は世界レベルなのにも関わらず、「マイナースポーツ」ということで各選手金銭面では苦労しているという一面も…。是非この機会にクラウドファンディング活用し、選手の応援をしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Makuakeスタッフ このユーザーの他の記事を見る

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」のキュレーションチーム。世界中のクラウドファンディングサイトを常日頃研究しつつ、日本でクラウドファンディングを根付かせることをミッションに日々奮闘。映画、ガジェット、おしゃれグッズや国内外のクラウドファンディングで生まれた素敵なアイテムに関わること発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス