ヒヒを襲ったヒョウ

出典 http://www.whitewolfpack.com

ヒヒを襲った2歳のメスのヒョウ。

ヒョウはヒヒを捕食しようとしていたが、ある事に気付く。

ヒヒには赤ちゃんがいて、殺された親の足元に必死にしがみついていたのだ。

赤ちゃんヒヒに気付いた豹

出典 http://blog.greencupboards.com

親のヒヒを食べようとしていた豹だが、赤ちゃんヒヒに気付いたヒョウは食べるのを止めて、赤ちゃんヒヒに近づく。

誰もが赤ちゃんが食べられると思っただろう。

しかしヒョウがとった行動は意外なものだった。

豹が取った意外な行動とは?

出典 YouTube

ヒョウがとった意外な行動。それは赤ちゃんヒヒをまるで自分の子のように、あやして、他の動物に捕食されないように、木の上まで運んだのだ。

まだ生まれたばかりで木から落ちてしまう赤ちゃんヒヒだが、ヒョウはそれを何度も助ける。

木の上では毛づくろいまでするヒョウ。

母性本能と自然の厳しさ

出典 http://www.whitewolfpack.com

メスヒョウが見せた母性本能。

人間であれば、赤ちゃんは親がいないと生きられないので親を殺す事はしないだろう。

しかし、弱肉強食の自然界では、そんな事は言ってられない。けれどこのシーンは食欲、狩猟本能を母性本能が上回った貴重な瞬間だ。

この赤ちゃんヒヒはミルクが飲めないため、ほどなくして死んでしまったそうだ。

過酷な世界で本能に身を任せて生きる動物達の行動には、時に人間が考えさせられる事がたくさんある。

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス