TVキャスターが急に緑色になっちゃった!故障!?

出典 https://www.youtube.com

テレビを見ていたら・・・

出典 https://www.youtube.com

ニュースキャスターが緑色になっちゃった!

出典 https://www.youtube.com

みんなR(赤)の色素が抜けています。。

テレビが故障したか!?と思うかもしれませんが、実はこちら、色の表現法・構成要素の一種である「RGB」の中から、「R=Red(赤)」の色素を抜いて放映したために緑色っぽく見えているんです。こちら、ルーマニアのテレビ局「Antena 1」が、同局で一日のうち最も視聴率が高くなる時間の看板ニュース番組で、1週間にわたって行われた取り組みなんです。

ルーマニアの輸血用血液不足問題

なぜこんなことをしたかというと、ルーマニアはヨーロッパの中で献血する人が少なく、輸血ができなくて犠牲になる人が大勢いるのですが、この現状を打破するために、国民に献血を啓発するために斬新なプロモーションを行おうと考えたためなんです。

出典 https://www.youtube.com

こんなテレビ番組を見ていると、視聴者は「テレビが故障したかな?」と思ってしまいますが、それを見据えて番組内でキャスターはこんなメッセージをコメントします。
「There's nothing wrong with your TV . This is life without red.」
(あなたのテレビは故障していません。これは赤(血)がない生活(世界)なのです。)

瞬く間にSNSなどで拡散

この取り組みは、テレビを視聴している大勢の国民に衝撃を与えるとともに、瞬く間にSNSなどで拡散され、大きな話題となりました。更に、Web上でのユーザー体験型コンテンツとして、自身の「SNSのプロフィール写真からRedの色素を抜く」ツールを制作したところ、32,000人を超える人が自身のプロフィール写真から赤色の色素を抜いて変更し、啓発活動の更なる拡散に一役買ったといいます。

出典 https://www.youtube.com

結果的に、1,400万人のルーマニア国民(全人口が約2,000万人なので、およそ70%の人たち)にリーチし、パブリシティの広告換算額は120万ユーロを記録しました。

出典 https://www.youtube.com

6週間以内に献血する人が80%も増加し、更にこの試みを受けてルーマニア政府が、2015年の献血活動に割く予算を2014年比で300%にすることまで表明しました。すごい効果ですね!

取り組みの概要はこちら

出典 YouTube

多くの人にインパクトのある「驚き」を与えて、その結果がアクションに結びついたという、素晴らしいキャンペーンだと思います。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス