1999年に農林水産省(当時)は、「日本の棚田百選」を選定しました。「棚田百選」の中でも、都心部から最も近いのが千葉県鴨川市の「大山千枚田」。そちらでは現在ライトアップが行われており、とても幻想的な光景が広がっています。

【棚田って何?】

棚田は、限られた土地を切り開いて農地を確保し、それを巧みに利用してきた先人たちの叡智や努力が詰まった貴重な文化遺産。日本のみならず、世界中に存在します。画像は、フィリピンルソン島のコルディリェーラの棚田群。1995年に世界文化遺産に登録されています。

【棚田百選】

出典 http://www.maff.go.jp

急斜面に開発された棚田は、近年どんどんと耕作放棄され、失われていっています。これについて農林水産省は1999年7月、棚田の保全活動推進の一環として、棚田の持つ環境保全の効果や農村文化の継承などを評価し、全国の代表的な棚田を「日本の棚田百選」として認定しました。

【大山千枚田】

出典 http://wondertrip.jp

大山千枚田があるのは房総半島南部の千葉県鴨川市です。車を使えば、都心から2時間半ほどで到着できる大山千枚田は、東京から一番近い棚田。また、こちらは雨水のみで耕作が行われています。

それでは大山千枚田の美しいライトアップの様子を紹介しましょう。

この記事を書いたユーザー

のんき&ブラザーズ このユーザーの他の記事を見る

いつもニコニコ、楽しく生きているライター軍団・のんき&ブラザーズです! 日々
仕事を求め、ヒーコラしている社畜軍団です。少しでも皆さんのお役に立てればいい
なぁ、と思いながら日々生きています。夜露死苦お願いします、押忍!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス