2014~15年の年末年始は曜日の並びが良く、長い休みが取れる勤め人が多そうです。久々に実家に帰省しようと考える方も多いでしょうが、ネックとなるのが帰省ラッシュ。

「○○から35キロ」などといった渋滞情報を聞くと、帰省する気も失せそうになりますが、休みがちょっと長い今年は、思い切って下道(一般道)で帰ってみませんか?下道で帰るメリットを紹介しましょう。

1. 下道は経済的

出典 http://www.pakutaso.com

改めて言うことではないかもしれませんが、下道を通ればお金がかかりません。ETC使用の有無や通行時間帯により料金は異なりますが、例えば東京都心部からおおよそ100キロ程度なら、料金は2000円強。ノロノロとしか進まない高速道路に2000円を払う価値はありますか?

2. 事故渋滞のリスク

出典 http://www.npa.go.jp

帰省ラッシュで交通量が増えれば事故のリスクは当然増大します。ところが一旦高速道路に乗ってしまうと、前方で事故が起こっても迂回することはできません。仮に事故が発生すると、高速道路上で1時間~2時間と、まったく動かなくなってしまうことも。こうなると体調も崩しかねません。

3. トイレ問題

出典 http://toilet.blog.shinobi.jp

気を付けたくても気をつけようがないのが“便意”。ところが、高速道路上で渋滞中に便意をもよおしても、すぐさま用を足すことはできません。イザとなったら路肩に車を止めて…という方法はありますが、それさえもできぬ場合、いつまで経ってもサービスエリアにたどり着かない恐怖感を味わうことになります。

4. 美味しいお食事

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

以前は、不味いお店の代名詞的な存在だったサービスエリアですが、最近では味やバラエティーなどが大きく改善され、サービスエリア目当てで高速に乗る人さえ現れるようになりました。

しかし、帰省ラッシュ時のサービスエリアは言わずと知れた大混雑で、メニューの選択は「何が食べたいか」よりも「何なら早く食べられるのか」になりがち。その点、下道ならば「より自分が食べたいもの」を選ぶことは可能です。

5. 楽しみがいっぱい

出典 http://www.vill.hirata.fukushima.jp

せっかく車で帰省するなら、途中でお土産を買っていくのはいかがでしょう?近年は日本全国津々浦々に「道の駅」があり、新鮮な地元野菜を安価で購入することが可能です。

郷土色満載の道の駅で新鮮野菜や特産物を求めれば、車内の会話も付きぬはず。実家のご家族にもきっと感謝されるのではないでしょうか。

6. もしかしたら高速よりも速いかも

出典 http://nijibin.info

こちらは曜日や天気、住んでいる地域、帰省する地域など、あまりにも色々な条件がありますので一概には言えませんが、例えば年末年始の都心部は、高速道路上は混み混みでも、オフィス街はガラガラです。

あまり道に詳しくない人にはハードルが高いかもしれませんが、少しでも早く着きたいという人こそ、自宅最寄りの高速入り口から入らず、ある程度下道を進んでから高速に入るという選択肢はアリだと思います。

いかがでしたか?

今までは真っ先に高速に乗って、目的地最寄りの出口で降りることしかか考えていなかった方も多いと思いますが、ぜひ今年の帰省は下道を使って、新たな発見をしてみませんか?

この記事を書いたユーザー

のんき&ブラザーズ このユーザーの他の記事を見る

いつもニコニコ、楽しく生きているライター軍団・のんき&ブラザーズです! 日々
仕事を求め、ヒーコラしている社畜軍団です。少しでも皆さんのお役に立てればいい
なぁ、と思いながら日々生きています。夜露死苦お願いします、押忍!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス