ネットやメディアで話題になり、ネットショップや物産展などから地方銘菓が全国区に進出して大人気になることも多いですよね。これから人気が出そうなご当地スイーツとして、北海道の「ノースマン」が話題になっています。

「ノースマン」ってどんなスイーツ?

北海道産の小豆あんをパイで包んだスイーツです。甘さを抑えたしっとりとした口あたり。1個160円(税込)から販売されています。
1974(昭和49)年に発売されて以来、北海道を代表する銘菓として、お土産や地元民のおやつとして人気があります。

出典 http://senshuan.co.jp

直径は6センチくらい、厚さ1センチくらいの平べったいパイ。甘さ控えめながらも、食べ応えのあるスイーツです。

TVで取り上げられ、じわじわとネットで話題に

12月11日、めざましテレビ(フジテレビ系)の「ココ調」コーナーで“東京では知られていない、地元ならではの人気グルメを紹介するシリーズ「地元だけ大人気グルメ」”の北海道編として「ノースマン」も取り上げられました。

第2位、ノースマン。空港で買えるということで新千歳空港に行ってみると白い恋人など有名なお菓子を買っている人がたくさんいた。北海道では88%の認知度だが東京では0%だった。千秋庵本店に行って開発の経緯を聞いてみると創始者が和洋折衷のお菓子を作りたいということで始まったと話した。今年で40周年のノースマンは創始者との約束でレシピは変えていない。

出典 http://datazoo.jp

ノースマン!!


そうよ、北海道と言ったらノースマンよ、、、認知度低いなぁ。

北海道行くと、必ずノースマンだった。

知る人ぞ知る北海道土産。

マックの「あんこパイ」のことでしょうか?

北海道民は「ノースマン」が大好き

りも

スカーレット

この間、北海道のアンテナショップに行って
やきそば弁当とノースマンを買ってきました。
やきそば弁当はスーパーでご当地フェアやったりすると
比較的簡単に手に入るのですが、ノースマンが手に入ったのはうれしかったです。
おいしいよノースマン
個人的にはわかさいもより好きです

物産展などでは販売されないレアスイーツだけど大好き。

アンテナショップで見つけたら即買いするほど大好き。

自分用に買うほど大好き。

あんこ嫌いでも大好き。

いちばん大好き。

北海道民の裏技的な食べ方

オーブントースターや電子レンジで少し温めて食べると、さらにおいしくなるようです。

できたてのおいしさに近付きそうですね。

かぼちゃあんもある

出典 http://senshuan.co.jp

こちらも同じく北海道産のかぼちゃを使用したかぼちゃあん。

数量限定の抹茶あんが登場したことも

今週元気だった頃の話で。
北海道のお菓子、
色々あるけどこちらは老舗。
千秋庵のノースマンといえば、
あんこのはいったパイ(*´∇`*)

北海道は海外からの観光客が多いですが、外国の方には“抹茶スイーツ”が人気だからかもしれません。ぜひ通常販売もしていただきたいですね。

懐かしい雰囲気のパッケージ

出典 http://senshuan.co.jp

現在のパッケージを知らない方も多いようです。

製造・販売している千秋庵

1921(大正10)年、札幌で開店、終戦後は喫茶店もオープン、現在は札幌市内に21店舗、新千歳空港など北海道内に9店舗を営業しています。

北海道でしか買えないのかぁ、とあきらめないで!

これから人気が出れば、全国のコンビニやスーパー、百貨店などでも販売されるようになるかもしれませんね。

全国区になったご当地スイーツたち

元々、地方でしか販売していなかったけれど、今や、全国で入手できて、ご当地スイーツだと知らないものもあります。

・ブラックサンダー

出典 http://www.yurakuseika.co.jp

有楽製菓豊橋工場(愛知県)で開発され、当初は九州地方限定で試験的に販売されていました。

・しろくま

出典 http://www.marunaga.com

鹿児島市が発祥で、喫茶店や飲食店で親しまれていました。

・生八ツ橋

出典 http://www.yatsuhashi.co.jp

京都土産として定番中の定番ですが、最近ではコンビニでも買えるようになりました。

「ノースマン」がコンビニで買えるようになったら、北海道民は小躍りしちゃいそうですね。今後の盛り上がりに期待です。

この記事を書いたユーザー

Spotlightトレンド編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。最新トレンドに関する記事をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス