デジタル時計の1分刻みの時間経過を1日24時間分すべて手書きで再現した動画「Hand drawn clock」という映像が凄かったのでご紹介します。

紙に鉛筆で描いたデジタル時計の表記をリアルタイムで次々と、ひたすら書き換えていく動画。鉛筆と消しゴムを使って、1分毎に消しては書き、消しては書き…。実際に24時間使って書き続けられた力作をご覧ください。

0:00~7:59

出典 YouTube

8:00~15:59

出典 YouTube

16:00~23:59

出典 YouTube

制作したのは、宮城県仙台市にある制作会社「TeamSanta」の千葉さんという方。「なんか面白い」が企業理念という会社の方だけあって、たしかに「なんか面白い」ですね。

24時間、1分1分数字を書き続けた世界で唯一の人であろう千葉に

「24時間は長かった?短かった?」と質問したところ、

「24時間は24時間だった。」としみじみと返答をもらいました。

1分1分大事に生きていきたいと身が引き締まる言葉でした。

出典 http://teamsanta.info

たしかに身が引き締まりますね。素晴らしメッセージだと思います。24時間、1分1分数字を書き続けた方ならではの言葉ですね。

最後の方には消しゴムのカスの量が凄いことになっていますね…。ひたすら消しては書き、消しては下記を続ける、そのクリエイティブ精神に脱帽です。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス