身震いするほど緻密に描かれた1枚のイラスト。見れば見るほど、その世界観に圧倒されますが、これはフィリピンを拠点にしているアーティスト

Kerby Rosanes

氏の作品。彼は23歳という若さでありながら、そのあまりに緻密な作品がネット上で話題となり”趣味が仕事になった”期待の若きイラストレーターなんです。

彼の作品はスケッチブックではなく、メモ帳に描く事が多いので

doodle(いたずら書き)アート

と言われることもしばしば。しかし、このポケモンを”150体”描いた絵。

近くで見ると…

こんなにも細かい!

これを”イタズラ書き”と言うのは、どう考えても失礼ですよね。

ちなみに製作工程を撮影している動画があるのですが…

出典 YouTube

この作品で、制作時間は約4時間とのこと。

頭の中に明確なるイメージがなければ、4時間でこのクオリティの作品を描き上げるのは非常に難しいのではないでしょうか?

見れば見るほど引き込まれる緻密な世界観…

使用するのはペンとメモ帳のみ。下書きもそこまでしっかり描くわけでもなく、感性で描きあげていくKerby Rosanes氏の作品達。では、彼の緻密すぎるイラストの世界…ご堪能下さい!

HANDMADE

LEOPARDVILLE

Black and White Cat-Foot

MELTDOWN

Saber-tooth

MORE DIE OF HEARTBREAK

Nausicaa of the Valley of the Wind

Hayao Miyazaki Doodle Tribute

趣味だった落書きを”アート”という高みに導いたKerby Rosanes氏の作品の数々。まだまだ紹介しきれていないモノもたくさんありますので、興味を持った方は↓から、彼の緻密な世界観…お楽しみください!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス