毎日天気をチェックしている人はお気付きかもしれませんが、本日12月2日から天気予報の気温がぐっと下がり、寒くなりましたよね。

「今日から本格的に冬になるのか…」と思ってしまいますが、気温が下がったのにはちょっとしたカラクリがあるのをご存知ですか?

今回は、今日から気温が下がったカラクリをご紹介します。

実は観測地点が変わっている

実は今日(12月2日)から気温や降水量などを観測する地点が変わっているのです。今までは千代田区大手町にある気象庁の敷地内で観測していましたが、そこから西に900m離れた北の丸公園に移動されたのです。

気象庁は2日、気温や降水量の「東京」の観測点を、敷地内から約900メートル西に離れた北の丸公園に移す。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

なんだ、たったの900mか…

気象庁庁舎から徒歩約10分。木々に囲まれた北の丸公園の高台に、雨量計や温度計などが設置された「露場」がある。ここが新たな「東京」の気象観測地点。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

そもそも移動することなんてあるんですね。

なんで最低気温が1.4℃も下がるの?

同じ東京都内、しかも同じ千代田区内で、たったの900m移動しただけで、なぜ1.4℃も下がってしまうのでしょうか?

ビルに囲まれた同庁から風通しの良い公園になり、最低気温で年平均1・4度下がる見込みだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

風通しが良いだけでそんなに違うのか…

オフィス街のど真ん中から緑豊かな公園へと観測環境が変わることで、年平均の最低気温は1.4度も低下。最低気温が氷点下となる「冬日」の発生日も、年平均で4倍近くに増えるという。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

やっぱりオフィスのど真ん中って温かいんですね。

散歩でよく同公園を訪れるという主婦(64)は、「木が多く、おほりも近いので、ひんやりと感じる」と話す。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

たしかに木が多い公園ってひんやり感じますよね。

東京の天気はこう変わる

最低気温の平均が1.4℃下がり、平均気温も0.9℃下がります。

そして、最低気温が25℃以上となる「熱帯夜」が39日から22日に減り、最低気温が零下となる「冬日」が6日から21日に増えます。

12年から2年間、大手町と公園の双方で観測して推計したところ、年間の最低気温の平均は13度から11.6度に下がり、年間の平均気温も16.3度から15.4度に下がるという。13年度では、最低気温が25度以上の日は大手町で39日あったが、北の丸公園は22日。最低気温が零下となる冬日は大手町は6日、北の丸公園は21日だった。

出典 http://www.asahi.com

なんで最高気温はあまり変わらないの?

出典 http://www.jma-net.go.jp

最低気温は下がっていますが、最高気温はほとんど変化がないのはなぜ…?

この原因について、気象庁観測部は「ビルは日中に蓄えた熱を、気温が下がる夜から朝にかけて放熱する。このため、近くにビルが多い現露場の方が、最低気温が下がりにくくなる」と説明する。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

なるほど…北の丸公園はビルの放熱が無いから最低気温が下がるんですね。

これは大手町がオフィス街で暖房などの人工廃熱や夜間にコンクリートなどから放出される熱の影響により朝の気温が下がりにくくなっているのに対し、北の丸公園は緑地のため、これらの影響が少ないためと考えられます。

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

熱の影響が少なくなり、正確になると捉えて良いのでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

もちろん12月に入り、一層寒さは増していきますが、12月2日からぐっと気温が下がったのにはこんなカラクリが隠されていました。

このことも踏まえて、今後の天気予報に注目したいところですね。

この記事を書いたユーザー

もりんちゅ このユーザーの他の記事を見る

元エンジニアの専業主婦、もりんちゅです(♡ˊ艸ˋ)♬
2014年7月までIT・Web業界でJavaエンジニアとしてゲーム開発をしてました。
得意な家事は掃除で、食欲旺盛な旦那さんのために、料理を日々研究中です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス