みんな大好き回転寿司!一皿100円です。でも、普通のお寿司屋さんに行くと1万円でも「まぁ、安いかな」みたいな話になりがちです。回転寿司が安い理由は「代用魚」を使っているケースもあるからです。

代用魚とは、似たような味の、日本人にはあまり馴染みのない魚を、馴染み深い魚の名前を称させて出すもの。食品の表示が厳格になっている今は、正確に表記する例も増えていますが、あなたが「おいしいね!」なんて言って食べていたあのネタは全然違う魚だった…なんてこともあります。

企業努力の結晶と解釈できる代用魚の数々を紹介します。※寿司の写真はイメージです

1. マグロ

出典 http://kwsknews.blomaga.jp

いいツヤしてますねぇ。やっぱマグロは寿司の王様ですねぇ~。ナイスですねぇ~。

実は「アカマンボウ」かも

出典 http://www.tumblr.com

全長2m、体重270kgほどにもなる大型魚である。体は円盤形で、左右から押しつぶされたように平たい。口は前に少し突き出ていて、歯がない。体はタチウオのように銀色で、白いまだら模様があり、小さくて剥げやすい鱗に覆われる。

ひれと口元、目の周りは鮮やかな赤色で、胸びれ、背びれの前端部、腹びれが鎌状に長く発達する。側線は胸びれの上で背中側に大きく曲がっている。

出典 http://ja.wikipedia.org

実はスーパーでも売っています

出典 http://heruzo.at.webry.info

2. イカ

出典 http://tabelog.com

コリコリしたイカ、ねっちゃりとしたイカ、どっちもナイスですねぇ~。

実は「アメリカオオアカイカ」かも

出典 https://www.flickr.com

外套長1.75m、体重50kgにまで成長する。腕には100-200の小吸盤が並ぶ。触腕には4列に大吸盤が並び、その角質環上には8-25個の歯がある。発光器もあるが小さくて少数である。色素胞は外套膜で300個/cm2、鰭上面で800個/cm2の密度に達する。

出典 http://ja.wikipedia.org

いわゆる「ロールイカ」はこれの場合があります

出典 http://www.m-mart.co.jp

3. アナゴ

出典 http://blog.livedoor.jp

アナゴ、煮詰めがついていてナイスですねぇ~。

でも、「マルアナゴ」かもしれません

出典 http://www.imarpe.gob.pe

尾鰭はなく、尾の先端は硬く尖る。吻は細長くない。眼は口裂の中央付近にある。上顎には鋭く細かな歯が2列に並ぶ。大きな犬歯はない。背鰭は胸鰭先端上から始まる。頭部を除く体表に細かい縦皺(しわ)がある。

背面は茶色で、腹面は黄色がかる。側線に沿って瞳孔大の白点が1列まばらにある。鰓孔は黒い。

出典 http://www.touoroshi.or.jp

市販のあなご蒲焼にも使われているようです

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

4. カンパチ

出典 http://tabelog.com

ナイスですねぇ。白身魚、大好き!

でも、「スギ」かもしれません。

出典 http://meshiuma2ch.blog.fc2.com

成魚は最大で体長約2m、体重68kgほどになる。体型は吸盤がないことを除いてコバンザメと類似しており、紡錘形で、頭部は平らになる。 眼は小さく、下顎は上顎よりわずかに突き出す。舌と口蓋には絨毛状歯の帯がある。

体は滑らかで小さな鱗がある。体色は黒褐色で腹側は白、体側に2本の縞がある。鰭は黒褐色である。繁殖期には縞模様が明瞭になる。また、浮き袋を持たない。

出典 http://ja.wikipedia.org

あるいは「シイラ」かもしれません

出典 http://blogs.c.yimg.jp

5. エンガワ

出典 http://tabelog.com

あのコリコリ感、ナイスですねぇ~。

「ヒラメのエンガワ」とか言ってなかったら「オヒョウ」の場合も

出典 http://umafish.com

世界には複数の種が存在し、日本の北洋からオホーツク海、大西洋、ベーリング海、北極海などの冷たい海の水深400mから2000m付近の大陸棚に生息する。日本近海では東北地方以北の各地と日本海北部に、タイヘイヨウオヒョウ Hippoglossus stenolepisが生息している。

全長は1-2m以上で大きいものは3mを超え、体重は200kgを超える。但しこのサイズになる大物はメスであり、オスは大きくてもメスの1/3程度の大きさにしかならない。目のある側は暗褐色で、反対側は白色。150歳を超える寿命をもつものも生息する。

出典 http://ja.wikipedia.org

6. マダイ

出典 http://tabelog.com

魚の王様、タイ!あのピンクな感じ、ナイスですねぇ。

もしかしたら「アメリカナマズ」かもしれません

出典 http://wanigame.exblog.jp

体長は最大132cm。口ひげは8本。脂鰭を備え、尾びれは中央が切れ込み長大で、横V字型。ニホンナマズ等の属するSilurus属に比べると、口がやや小さく、体型は流線型で各鰭が大きく遊泳力に富んでおり、総じてその姿はギギ等のPelteobagrusのそれに近い。

背鰭と胸鰭の主条が極めて硬質かつ丈夫な鋭い棘として発達しているのも、Pelteobagrusと同様の特徴である。

出典 http://ja.wikipedia.org

この記事を書いたユーザー

のんき&ブラザーズ このユーザーの他の記事を見る

いつもニコニコ、楽しく生きているライター軍団・のんき&ブラザーズです! 日々
仕事を求め、ヒーコラしている社畜軍団です。少しでも皆さんのお役に立てればいい
なぁ、と思いながら日々生きています。夜露死苦お願いします、押忍!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス