英国人アーティスト、カール・エドワード・ワーナーさん

カール・エドワード・ワーナー(Carl Edward Warner)さんはイギリス・リバプール生まれのアーティスト。食べ物(Food)を使って風景画(Landscape)を描くことから、「フードスケープ」アーティストと呼ばれます。

少年時代に読んだ「オズの魔法使い」の物語に憧れて、食べ物を使って幻想的な世界を創り出すことに精を出すおじさん

出典 http://www.news-digest.co.uk

独創的なファンタジーの世界へ

出典 http://www.carlwarner.com

”Lettuce Seascape"

最大の醍醐味は、一見しただけでは普通の風景画に過ぎない「フードスケープス」を観た人をハッとさせること。この作品の至るところが食物でできているって気付いたときに、自然と笑みがこぼれてしまうと思うんだ。

出典 http://www.news-digest.co.uk

出典 http://carlwarner.com

"Celery Island"

葉っぱはコーンフレーク?

出典 http://site.carlwarner.com

"Corn Candle"

出典 http://carlwarner.com

"Candy Cottage"

生ハム発見!

出典 http://www.carlwarner.com

"Spaghetti Western"

これは食べたくなってしまいます

出典 http://www.carlwarner.com

"Pancake Lighthouse"

いろんな種類のパスタを使って

出典 http://carlwarner.com

"Pasta Island"

ブロッコリーの森にパンの山々

出典 http://carlwarner.com

"Broccoli Forest"

世界各国の有名観光地も

出典 http://www.carlwarner.com

"Great Wall of Pineapple"

出典 http://www.carlwarner.com

"The Onion Taj Mahal"

出典 http://carlwarner.com

"Paris Boulevard"

出典 http://site.carlwarner.com

"Foods of Switzerland"

アジアの雰囲気をかもしだす作品も

出典 http://www.carlwarner.com

"Tatziki Bridge"

出典 http://carlwarner.com

"Prawn Again Crustaceans"

季節感のある作品はこちら

出典 http://site.carlwarner.com

"Crockerville"

出典 http://carlwarner.com

"Raspberry River"

こんなサンタクロース作ったら楽しそうです

出典 http://carlwarner.com

"Breakfast Santa"

キットカットの線路に、チョコフレーク、板チョコも!

出典 http://carlwarner.com

"Chocolate Express"

鮮度の良い野菜を使用し何度も写真撮影を重ねて制作にあたる過程は大変そうですが、全て仕上がった時の達成感がじわじわ伝わってきます。

野菜や果物は身近な材料ですが、こんなスケールの大きい「フードスケープ」に変化してしまうことに驚きです!

この記事を書いたユーザー

Michiko このユーザーの他の記事を見る

帰国子女に憧れて、14歳から日本国内のインターナショナルスクールに編入。NYへ大学留学後、東京に戻りその後2011年よりスペイン・マドリード在住。バイリンガルライター。デザイン・アート・グルメに興味あり。スペイン贅沢レストランについて語るグルメブログも更新中です!https://travelingandeating.wordpress.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス