「一筆龍」というのをご存じでしょうか?古来から、魔除け、厄除けの守り神とされる龍の胴体を、一本の太い筆で、文字通り一筆書きで描くアートなのですが、この技を駆使してみごとな龍を描きあげるアーティストが、日本の栃木県日光市に存在しました。その名も、晄秋家(こうしゅうや)さん。

出典 http://ameblo.jp

栃木県日光市の一筆龍・晄秋家さん。現在の店主は四代目・阿部哲也さん。師子四代に渡り、神の化身として人々に崇められ幸運の証として奉られてきた龍を、一筆で描き続ける一筆龍の匠。先代達が築き蓄えて来た知識や業を後世に残す為、日々努力されています。

一筆で描かれたとは思えない龍

出典 http://www.kousyuuya.com

上向きの龍は、開運・商売繁盛など運気を上げる意とされています。

出典 http://www.kousyuuya.com

下向きの龍は、魔除け・厄払いなどの意とされています。

出典 http://nikko.4-seasons.jp

双龍は、友情・愛など絆を結ぶなどの意とされています。

出典 http://senshin-blog.net

アップで見ると迫力がありますね。

出典 http://senshin-blog.net

一筆で描かれたとは思えませんね。。

海外で話題になった動画

出典 YouTube

古くから日光東照宮周辺を中心に受け継がれてきた「一筆龍」。見れば見るほど圧巻です。この神業を、ぜひ後世に残していってほしいですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス