こんにちは!フードアナリストミミです。

こちら北海道では、漬物つくり佳境シーズン突入な11月。ご近所さんとの会話テーマは、「今年なに漬ける?」。

加えて、スーパーでは、一般的な顔サイズの3倍はある特大白菜、キャベツといった野菜も店頭に陳列され、米ぬか、味噌もビッグサイズなラインナップ。

北海道にも、いよいよ ”長い雪とともに過ごす冬が来る” と感じるこの頃です。

郷土料理 ニシン漬けを紹介しようかと思ったのですが、他地域ではなかなか…といった友人からのアドバイスを受け。




クックパッド掲載レシピの一つ(閲覧数急上昇中!)を紹介

常備菜に✽紅しぐれ大根(赤大根)甘酢漬け

出典 http://cookpad.com

12’.1.12話題入☆北海道新聞で紹介した漬物レシピ✽色合い綺麗で付け合わせにも活躍。シャキ×2食感につい手が伸びます

【材料 (作りやすい分量)】


紅しぐれ大根、または赤大根 500g(1/2本)
塩 10g
■ 甘酢
酢 150cc
砂糖 120g
塩 少々

【作り方】

1)大根の皮をむかずに、表面を丸めたアルミホイルでこすり、汚れ・ひげ根を取り除き、流水で洗う

2)2,3mmの輪切りまたは半月切りにし、ざるに並べる。
適宜塩を振りながら重ね、30分程度放置※水が出てしんなりします

3)小鍋に酢・砂糖・塩を入れ良く混ぜ合わせる。中火にかけて、ひと煮立ちさせ、冷ましておく

4)大根をさっと水洗いしてから(余分な塩分とアクを取り除くため)水気を軽く絞る。3の合わせ調味料に漬ける

5)1日後には食べられます。好みで塩昆布を適量添えて召し上がって下さい
※3日漬けた方が 色合いが良くなり、より食卓に映える状態になります。

市場をウロウロ徘徊した所、
赤い大根が あちらこちらの店頭で並ぶようになっていました。
ということで。。今回は 
赤大根を使った、簡単お漬物レシピ♪
常備菜に✽紅しぐれ大根(赤大根)甘酢漬け

【北海道の冬食文化 伝統とは?】

昔は、冬に野菜を収穫できない厳しい環境だったということもありました。

秋の収穫時期に漬物にし=保存食に加工することで野菜からのみ得られる栄養分を補う
生活をしてきたそうです。そんな、年の1/3は雪にかこまれている 北海道。
地理と風土が生んだ、郷土料理が多々生まれ、地元で愛されています。

【編集後記】
お漬物日本一決定戦(T-1グランプリ)北海道地区大会にて、
2年連続ノミネートとなり。 実際に100名の審査員に試食して頂いたレシピもあります。

改めて書き出す予定です
今みたい!という方は



クックパッド tearstarキッチンで 
検索ワードは、じゃがいも、ニシン漬け、コーン

この記事を書いたユーザー

フードアナリスト ミミ このユーザーの他の記事を見る

普段は食品会社に勤務。チーズ工房直営レストランにて、接客スタッフとしても活動。
そのほかに、料理ブロガー・フリーライターとして、様々な媒体を通じて食トレンド情報を発信中。
ブログ http://ameblo.jp/mimitearstar
北海道野菜の魅力を伝えるジュニア野菜ソムリエとしての取材・告知活動、食の情報を解説する専門家「フードアナリスト(協会本部広報委員)」他

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス