猫を見るとうっかりストーカーしてしまう

出典 http://www.ashinari.com

猫に出会うと、ついつい後をつけてしまう。

近所の猫がいるお宅はだいたい把握している

出典 http://www.ashinari.com

決して他意は無いんです。ただ、運が良かったらそのお宅の猫ちゃんを見れるかもしれない、という淡い期待をしてしまうわけで…。

同じく近所の猫スポットもリサーチ済み。この時間ならこの場所に猫がいる、という場所をいくつも把握している。

猫パンチすら嬉しい

出典 http://matome.naver.jp

たまに実家に帰って、猫に警戒されて猫パンチを浴びせられても嬉しい。「え、忘れちゃったの…?」と一抹の不安がよぎるけれど嬉しい。

初めて会った猫に警戒されて猫パンチを浴びせられても嬉しい。自分が飼ってる子にひっかかれても、「もう、この子ったら」と許してしまう。

ひっかき傷さえも愛おしい

出典 http://www.felissimo.co.jp

猫によるひっかき傷さえも愛おしい。痛いけれど、可愛いから許す。仕方ない。むしろこれ、うちの子にひっかかれちゃったの~、と猫好きに自慢する。ついにはフェリシモから「猫傷専用絆創膏」が登場してしまうレベル。

ツンデレなところも好き

出典 http://profile.ameba.jp

普段はそっけないくせに、自分が遊んでほしい時やご飯がほしい時はこれでもかと甘えてくる。そこがまた可愛いすぎる。

猫の匂いも好き

出典 http://news.mynavi.jp

ひなたぼっこしていた猫のお日様の匂いが好き。猫の肉球の匂いが好き。中には猫のお尻の匂いが好き、なんていう猫好きも!

猫が好き、食べちゃいたい

出典 http://gigazine.net

衝動がおさえられずに猫の耳や前足などをぱくっとくわえてしまうことが。その時の猫の「信じられない」という顔も大好き。

猫に「それは嫌」と言われても嬉しい

出典 https://www.flickr.com

キスしようとして力いっぱい前足で拒まれても、抱っこしようとして「それは断る」と前足で押しのけられようと、その行為すら可愛い。

別に嫌がらせをしたいわけじゃないのだけれど、好きすぎてついついやってしまう。その結果猫に全力で拒否られたとしても、やっぱり嬉しい。(でもちょっと切ない)

蔑みの目さえ好き!

出典 https://www.flickr.com

ご飯を焦らしたり猫が喜ばない事をしたりすると、まるで蔑むような、文句を言っていたような目つきでこちらを見る猫。なんなのその目つき。可愛いじゃない~!と、結局そこに行きついてしまう。

もう猫の下僕でいいです

出典 https://www.flickr.com

もう猫は猫というだけで可愛い。

いかがでしたか?

猫好きさん以外だと、「え・・・」と引かれてしまう事もありますが、それも猫の可愛さゆえのことではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

すがたもえ子 このユーザーの他の記事を見る

温泉ソムリエ、ライター。
旅やお祭りが大好きで、少し変わったスポットに足を運んでいます。
お化けから宇宙まで幅広く興味があり、不思議系や動物ネタも大好きです!
google.com/+すがたもえ子

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス