無くならない幼少児への「性的虐待」

何故、このようなことが起こってしまうのか、筆者は未だにそういった行動を起こす人たちの気持ちが全く分からない。

大人はただの性欲の発散のつもりかもしれないが、精神未成熟な子供が受けた性的虐待はその子の心の成長に悪影響を与え、成長と共に非行、薬物などに走るケースも少なくないという。

そんな未成熟な子供が、「性的虐待を受けた」など言えるわけがなく、それどころか何をされているのかもよくわからないけれど、やめて欲しかった。気持ち悪かった、という声すら聞いたことがある。

当然、他の大人にも言えず、泣き寝入りするケースが多い。

成人になって昔のことを思い出し、訴訟を起こしても、行為から20年以上経っている場合、除斥期間という時効のようなものが適用され、無罪とされてしまうケースが多い。

そういった現在の法律の欠陥にメスを入れるべく立ち上がった女性がいた。寺町 東子さんという女性だ。

この女性の声を聴いてあげて欲しい。

性的虐待の時効は大人になるまで停止して下さい。子どもが全国どこでも助けを求められる体制を!

私は、子どもの頃、叔父から性的虐待を受けた被害者の弁護団のひとりです。

最後に性的虐待を受けてから20年以上を経過して、被害者は、現在の症状が性的虐待の後遺症であるとの診断を受け、診断から1か月以内に釧路地方裁判所に裁判を起こしました。ところが、加害者も性的虐待の事実を認めていたにもかかわらず、釧路地方裁判所は、20年の除斥期間(時効制度の一つ)の経過を理由に、被害者の請求を退けました。

ようやく、先日、札幌高等裁判所は、被害者の求めた損害賠償をほぼ認める判決を下しましたが、加害者は最高裁判所に上告しています。

性的行為の意味もわからない幼い子どもに性的虐待を加えた加害者が、時効・除斥期間によって守られることは正義でしょうか?

性的虐待を受けた子どもが、親からも、誰からも守られることなく過ごした期間に、時効・除斥期間が進行することは正義でしょうか?

少なくとも、被害を受けた子どもが成人するまで、時効・除斥期間の進行を停止するのが、最低限の公平ではないでしょうか?

今、現在も、性的虐待被害を受けている子ども達がいます。原告本人は、自分が子どものころと同じ境遇に今いる子ども達が、全国どこにいてもワンストップで、加害者から救いだされ、治療を受けられ、法的にも守られる場所を整備して欲しいと願っています。

以下の要望書に、是非、ご賛同下さい。

出典 https://www.change.org

一人でも多くの方が賛同してくれて、内閣総理大臣に意見書が渡ることを筆者は願っています。

少しでも、この情報が拡散されますように。

(文/だいちゃん(∀))

この記事を書いたユーザー

だいちゃん(∀) このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス