生後間もなく、死にゆく息子にビートルズの楽曲「ブラックバード」を歌う父親の姿を映した動画が公開され、今注目を集めています。

11月8日、緊急帝王切開により妊娠24週の未熟児で生まれた息子のレノン君。母親のアシュリーさんは残念ながら、同日死亡。母親として与えられた時間は僅か数時間でした。

そして未熟児で生まれたレノン君もまた危険な状態が続いていました。そこで、彼の父親でミュージシャンのクリス・ピッコさんは、保育器に入る愛する息子・レノン君のために歌を歌ってあげようと、ギターを手にしました。歌う曲はビートルズの「ブラックバード」。旅立ちを見送る内容の曲です。

保育器に寄り添いながら歌うピッコさんを映した映像は、14日までに400万回以上再生され、今もその再生数は伸び続けています。

出典 YouTube

3日後の11日に、残念ながらレノン君はピッコさんの腕の中で息を引き取ったそうです。

出典 https://www.facebook.com

母親のアシュリーさんと息子のレノン君、2人のご冥福をお祈り致します。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス