出典 http://sirabee.com

記事提供:しらべぇ

好きな人の温もりを今すぐにでも感じたいとき、みなさんはどうしますか?互いの家以外の場合、ラブホテルを使うことが多いのではないでしょうか。たとえば繁華街にて。誰も見ていない場所で2人きりでゴロンとしたい。そんなとき、男性は女性をラブホテルに誘いますよね。しかし、ここで大きな壁が立ちふさがります。

「次はバーに行こっか」というセリフと同じテンションで「ラブホテルに行こっか」とは言いにくいのです。そこが何をするための場所であるかは国民的合意が取れているにもかかわらず、温もりを伴う行為の提案は、どうしても恥ずかしさを伴います。

しらべぇ編集部は、そんな男性たちの積年の課題に終止符を打つことにしました。20~60代の女性250人を対象に「男性からラブホテルに誘われるとして、もっとも好感度が高いセリフはどれですか?」というアンケート調査を実施したのです。

選択肢は以下の5つ。女性のみなさん、どれも聞き覚えがありますよね?

【質問】
男性からラブホテルに誘われるとして、もっとも好感度が高いセリフは以下のうちどれですか?


【選択肢】
1:何もしないからホテルいこう
2:少し休んでいこう
3:(ストレートに)ホテル行きたい!
4:エッチしよう
5:カラオケしよう

各選択肢の説明は省略させていただきます。それでは早速、女性のコメントと併せて順位を発表します。

【第5位】何もしないからホテルいこう 4.0%

・強いて言うならこれ(20代)
・そう言った人が今の主人です笑(50代)

最大のリスクは、その後の「何もしないって言ったじゃん!」という女性からの怒りの声ですよね。仮に男性が温もりをともなう行為を始めたとしても、「何もしない」の適用範囲を恣意的に縮小することで女性に反論できる、という屈強な詭弁を展開する男性もいるでしょうが、やはりウソはいけません。

もっとも低い順位となりました。女性からは「どうせ何かするからイヤ」というコメントが目立ちました。

【第4位】カラオケしよう 7.6%

・カラオケならOKと言いやすいから(40代)
・カラオケが好きだから(60代)
・そんな事があった(40代)

最近のラブホテルの多くはカラオケが備わっています。このセリフ、順位こそ低いものの、カラオケ好きの女性に限れば、使うのも悪くないのかもしれません。

万が一、「だったらカラオケボックスでいいじゃん」と言われた場合、「それはダメ。俺ガウン着ながらじゃないとちゃんと歌えないんだよね」などの詭弁を弄する男性も少なくないようです。

【第3位】エッチしよう 8.4%

・隠さないで言われたほうがいいから(20代)
・どうせする気なんだからストレートがいい(30代)
・ラブホに行く目的はそれしかないので。「何もしない」というのは絶対にウソなので(50代)

普段、物事を伝えるときは「最初に結論を、シンプルかつ具体的に言いましょう」とよく言われます。しかし、ラブホテルに誘う場合だけは例外なようです。

ここまで、どれも好感度が10%未満と低い数値でしたが、2位以降は一気に高い数値となります。ランキングを続けましょう。

【第2位】少し休んでいこう 32.0%

・スマートに感じる(20代)
・かっこいい(20代)
・お互いにわかっていても、暗黙の了解という方がドキドキする(20代)
・なんとなくドキッとする(20代)
・さりげない言葉に好感度が上がります(50代)

「かっこいい」「スマート」など、褒め言葉が並びました。ドキドキする女性も多いということですから、その後に起きる展開を考えてもピッタリのセリフかもしれません。

【第1位】(ストレートに)ホテル行きたい! 48.0%

・サバサバしていて好感が持てるから(20%)
・他の選択肢は「結局する気でしょ、話が違うじゃん」ってなるからイヤ。ストレート系言われた方がマシ(20代)
・意外と下品さを感じない。 行きたくなかったら断りやすいし、行くにしてもノリ良く答えられる(20代)
・強引なほうがすき(30代)
・駆け引きするのは時間の無駄だから(50代)
・男らしくて良いと思います(60代)

1位に輝いたのは、まさかのストレート系でした。これまで悶々と悩まされた日々に一筋の光が見えましたね。これにて、世の男性の悩みの半分くらいは解決したのではないでしょうか。

改めて、以上の結果をまとめてみます。

【質問】
男性からラブホテルに誘われるとして、もっとも好感度が高いセリフは以下のうちどれですか?

1位:(ストレートに)ホテル行きたい! 48.0%
2位:少し休んでいこう 32.0%
3位:エッチしよう 8.4%
4位:カラオケしよう 7.6%
5位:何もしないからホテルいこう 4.0%

ちょっと待て!1位と2位は混ぜるな危険!!

というわけで男性のみなさん。女性をラブホテルに誘う際の最強のセリフがここに完成しました。

「ホテル行きたい!少し休んでいこう!」

これを言えば好感度1位と2位の合計80%の女性が好感を持ってくれる・・・と考えるのは大間違いですよね。実はこの結果、典型的な引っ掛けパターン。

支持政党のアンケート調査と同じく、1位と2位がまったく相反する結果になったケースであり、我が国の二大政党制と同じ構造を持っていたのです。今回の場合、「ストレート派」と「婉曲表現派」に二分された以上、2つのセリフは「混ぜるな危険」です。

では、どのような対策を打てばよいでしょうか。やはり、女性の支持党派を事前に把握しておくことが重要なのかもしれません。

たとえば、ホテルに誘う前の食事段階で「物事はストレートに言ってほしい派?」などと質問し、相手女性の支持党派を見極めておくことで、その後のこちらのセリフを決定するのです。

つまり、本当に重要なことは、ランキングに頼った小手先の武器ではなく、相手女性の性格を見極めた丁寧な観察と分析なのかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年10月17日(金)~10月21日(火)
対象:全国20代~60代 女性計250名

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス