イケダハヤトです。

あんまり知られていない気がしますが、クロスバイクは超速いんです。

クロスバイクはママチャリの2倍速

出典 http://www.ikedahayato.com

先日高知でお会いした「高知自転車生活研究所」の中の人が実際に測っていたんですが、クロスバイクってママチャリのちょうど2倍速くらいなんですよ。うちはママチャリとクロスバイクが一台ずつありますが、ほんとそんな感じです。

クロスバイクは5〜10万円くらいで買える、スポーティーな感じの自転車です。さらに上のクラスを「ロードバイク」と呼び、そっちは本格的に走りたい人向け。街乗りが中心で、たまに平地を往復30〜40kmくらいする程度ならクロスバイクで十分です。

ママチャリは1万円以下で買えるのでお手頃なんですが、やっぱり遅いです。クロスバイクをごく普通の力で漕ぐだけで、ママチャリを必至に漕いでいる人を余裕で追い抜くことができます。あのスイーッと抜き去る感覚、ちょっと気持ちいいんですよね。

こんな話は自転車に詳しい人にとっては常識だと思いますが、案外知られていないと思って記事を書きました。ぼく自身もクロスバイクを買って初めて、このスピードの違いを知りましたし。

ママチャリとクロスバイク(&ロードバイク)は、もはや別の乗物だと思った方がいいレベルなんです。というわけで、深く考えずにママチャリを使っている人は、ぜひクロスバイクへの乗り換えを検討しましょう。

地方の自動車文化をクロスバイクが変える

高知は「隣の家に行くにも自動車を使う」と冗談で言われるほど自動車文化が色濃いんですが、その背景にはクロスバイクの普及度が低いからだと思うんです。特に高知市内は、多くの人がクロスバイクに載るようになり、街も自転車フレンドリーに整備すれば、だいぶ自動車の利用率を下げることができると思われます。

車依存の文化は不健康ですしコストも掛かるので、所得が低い高知のような場所ほど、エコな自転車は活躍の余地があります。遠方に行く際に車を使うのは仕方ないとしても、往復で10kmくらいなら基本は自転車を使う文化を広めたいですね。

ちなみに高知自転車生活研究所の方によれば、田舎で理想的な自転車は「ツーリング用自転車」だとか

ツーリング用は積載量が多いので買い物なんかにも使えるわけですね。次の自転車はGIANTのグレートジャーニーあたりにしようと検討しております。ただちょっと高いのが…5万円台のツーリング用自転車とか作ったら売れると思います。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス