新宿から中央線でも丸ノ内線でもすぐの四ッ谷駅。

そんな四ッ谷駅から歩いてすぐの所に日本とは思えないほど美しい建物があるのをご存知でしょうか。

盛大な門の中に広がるネオバロック様式の建物と噴水、そして日本ならではの大きな松が庭園にそびえたつ姿は大都会とは思えないほど静かで美しい姿です。

この建物を四ツ谷でどのように使っているかといいますと、【迎賓館】という名前で外国から元首つまりお偉いさんがいらっしゃった際におもてなしをする広間なのです。

宿泊もできるようで、晩餐会の利用だけでなく海外の偉い方が泊まったりするのにも使用できるようです。

さて、こんなに素晴らしい建物ぜひ入ってみたいですよね。

しかし、この迎賓館、普段は門戸を閉ざしており、庭園に足を踏み入れることすらできません。

よく周辺にはガードマンのような方が高級車を停めておりますが、門が開くところすら見ることができた試しはありません。

そんな敷居のとっても高い迎賓館ですが、先日無事に庭園に入れていただくことができました!

私はもちろんどこかの国の首相などではないので、どのように入ったかと言うと、【一般公開】に参加させていただきました。厳粛な会合が少ない11月の前半の土日に庭園の一般公開があります。

持ち物検査などを済ませたら誰でも無料で入ることができ、賑わってはいるものの、待つほど長い行列ができている訳でもないため、気さくに立ち寄ることができます。

こんな東京のど真ん中で、ウィーンの宮殿のような壮大な建物を拝める機会は非常に少ないと思います。

次回の庭園の公開はだいぶ先ではありますが、ぜひ足を運んでみてください。また、毎年8月にはこちらは抽選にはなりますが、建物の中も見学ができるチャンスがございます。

毎年応募してはハズレていますが、抽選に応募してみる価値はあると思います。ヨーロッパにはなかなか行けないですが、それよりもっと近くにこんなに素敵な建物があるんですよ♡

この記事を書いたユーザー

OL2.0 このユーザーの他の記事を見る

ミーハーで流行りもの好きだけど、みんなと同じは嫌だ。
地元が大好きだけど、旅行も大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス