歯医者さんのイメージが覆る!?

今、ネットである人が話題になっています。それは筋肉ムキムキの歯医者さん。

その正体は・・・

優勝経験も!?ボディビルをこよなく愛する歯医者さん!

パトリア歯科医院長の嶋田泰次郎さん。

れっきとして歯医者さん、でも2009年に友人を見て自分でもできるんじゃ…と始めたボディービルにハマりその世界でも活躍することに。

2010年の「東京オープン」(70kg級)ではなんと、初出場にもかかわらず優勝を果たしている。

出典 http://toyokeizai.net

2013年にはワンランクアップの「東京クラス別」(70kg級)に参加して3位を獲得。翌2014年には同大会で2位になった。

出典 http://toyokeizai.net

次は当然1位をと取りに行くみたいです。
こんな歯医者さんいたんですね。

歯医者さんとしてもとっても素敵な先生。

アメリカ留学で日本の保険制度に感動し…

「米国の医療制度を知れば知るほど、日本の国民皆保険制度のすばらしさをしみじみと感じました。米国では経済的な理由で保険に入れない低所得者向けの歯科医と、十分な保障がついた任意保険に加入できる高所得者向けの歯科医にわかれています。

低所得者向けの歯科医療は報酬が少ないために診察が適当で、歯がダメになったと判断するとさっさと抜いてしまう。しかし高所得者向けの歯科医院ではじっくり診察が行われ、最新式の方法で治療されるのです。

一方で皆保険制度がある日本では、誰でも最高水準の医療を安く受けることができる仕組みになっています。こんなにすばらしいことはありません」

出典 http://toyokeizai.net

帰国後、その素晴らしい日本の保険制度と自分の理想の歯科診療の開きを感じる・・・

「経営の効率を高めるため、1日に30名も患者さんを診察しなくてはいけなかったのです。おおまかに言えば、1人にかける時間は15分程度。我々の間では『まわす』とか『流す』などと言いますが、これでは患者さんからどこが悪いのかをきちんと聞くこともできないし、どういう治療をするのかを十分に説明できません。これは私が望む医療のあり方ではない。そこでその歯科医院を辞め、父の跡を継ぐことにしたのです」

出典 http://toyokeizai.net

もともとパトリア歯科では患者1人当たり30分から1時間と、治療時間をたっぷりとかけていた。歯や歯茎の状態を写真に撮り、どこが悪いのかを説明し、これからどういう治療をするのかを納得してもらうのには手間も時間がかかる。歯磨きの指導も泰次郎氏が直接行っている。

出典 http://toyokeizai.net

患者さんのことをちゃんと考えてくれるとっても素敵な歯医者さんだったのです。

Twitterでも話題の的!!

ですよねー

何かに導かれたのでしょう。

ムキムキだけど、しっかりとした治療方針の歯医者さん。一度治療してほしいですね。

この記事を書いたユーザー

496 このユーザーの他の記事を見る

現役でSEO業界のプロとして第一線で活躍中です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス