AKB48および姉妹グループ(SKE48・NMB48・HKT48・SDN48)が2011年3月24日から展開しているチャリティー活動、「誰かのために」プロジェクトをご存知でしょうか。

この活動では、配信シングルのダウンロード料金やCD・DVDの売り上げの一部を東日本大震災に対する義援金として拠出するほか、今でもメンバーが交代で、被災した各地を毎月1箇所ずつ慰問して回っています。(これまでの活動実績はこちら

ウィングボディのトラックを移動ステージに使い、必要な機材も全て持参するので、1回につき6 - 7人が限界。スタッフも数人しか同行しないので、“自分のことは自分でやる”が鉄則になる。

出典 http://ja.wikipedia.org

他地域からファンが詰め掛けるのを防ぐため、公式サイトのスケジュールにも日時・場所・参加メンバーなど予定は一切掲載されず、訪問先自治体など関係機関にのみ通知される。

出典 http://ja.wikipedia.org

ミニライブの様子は「DOCUMENTARY of AKB48」取材チームが映像収録し、NHKのみが報道の一環として『MUSIC JAPAN』(総合テレビジョンの音楽番組)→『AKB48 SHOW!』(BSプレミアムの音楽番組)で公開している。

出典 http://ja.wikipedia.org

大島優子は仙台に親戚がいたこともあり、知人がトラックを手配して物資を届けに行くと聞くと「絶対に正体を明かさないから同行させて、手伝いたい」と頼み込んだり、秋元康総合プロデューサーに救援の為に現地入りさせてくれるよう懇願したという(「人気アイドルが現地に行ったら更に混乱する」と説得されて断念)

出典 http://ja.wikipedia.org

また、震災の発生した3月11日は偶然、メンバーの一人である篠田麻里子の誕生日でもあったことから、篠田は自身のブログで「これは私の生涯の使命。神様に指名されて、世の中の役に立てと言われているような気がします。」と述べている。

出典 http://ja.wikipedia.org

震災2周年の2013年3月11日を前に、3月8日18:00(日本時間)から、震災復興応援ソング「掌が語ること」の無料配信を行なう。11日当日は、AKB48グループのメンバー60人が6人ずつ10組に分かれて被災地を訪問。1グループで複数箇所を訪問することはあったが、初めて同時に複数箇所を訪問。

出典 http://ja.wikipedia.org

2013年3月12日時点で、本プロジェクトに集まった義援金の総額は13億円を突破した。

出典 http://ja.wikipedia.org

現在無料配信されている震災復興応援ソング「掌が語ること」のPVはこちら。水面下で3年以上も活動を継続してきたAKB48グループの現地写真が公開されており、思わず胸が熱くなります。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス