大勢で楽しむのにピッタリなトランプゲームといえば「大富豪」。「勝った人間=富豪・大富豪」が「敗者=貧民・大貧民」から良いカードを奪えるという非情なルールは何とも痛快ですが、場所や年代などによって様々なローカルルールが存在します。そこで色々なローカルルールを集めてみました。

【革命】

大貧民にとって唯一のチャンスともいえるのがコレ。大富豪との2枚交換の後、いきなり3や4の4枚出しをした時の快感が堪らない。

【8切り】

これを上手く使うことで、弱いカードを出せるので、テクニックが要求されます。

【縛り】

同じマークが続いたら発生する“縛り”。「2枚から」「3枚から」と色々なパターンあり。

【階段】

弱いカードでも一気に切り札になり得るのが階段。「7・8・9」など、「階段」+「8切り」はかなりおいしい。

【スペードの3】

ジョーカーに唯一対抗できるのがコレ。ジョーカーを出して、これで返された時のショックは大きい。

【イレブンバック】

11が出ると、一時的に革命が発生するもの。“貧者”にもチャンスが生まれる。

【ダイヤの3】

無条件でそのカードを持っている人から始められるルール。「ダイヤ」でなく他のマークの場合もあり

【○○上がり禁止】

最後にそのカードであがると負け=大貧民になるもの。ジョーカー、2、8、スペードの3、などが対象になる例多し。

【エンペラー】

連続した4つの数字で、かつマークが全て異なる組み合わせのカードをまとめて出せるのがこれ。簡単そうで、意外と難しい。

【オーメン】

映画「オーメン」から借用されたもの。「6」が3枚で革命が成立する。

【都落ち】

大富豪が最初に上がれなかったら、即大貧民に落ちるという非情なルール。さっきまで調子に乗っていた人間が「カードを取られる側」に落ちる姿は痛快。

【5飛ばし】

5を出すと次の人が飛ばされるルール。UNOからの影響か?

【下克上】

大貧民が大富豪になったら、全員の地位が逆転する。

あまり複雑にすると、「ルールのすり合わせ」が面倒ですが、採用ルールに応じて戦略を変えるのも面白みのひとつ。あなたも友達や家族と、大富豪がやってみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

のんき&ブラザーズ このユーザーの他の記事を見る

いつもニコニコ、楽しく生きているライター軍団・のんき&ブラザーズです! 日々
仕事を求め、ヒーコラしている社畜軍団です。少しでも皆さんのお役に立てればいい
なぁ、と思いながら日々生きています。夜露死苦お願いします、押忍!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス