バラエティ番組や映画、ミュージカルにも出演するなど、幅広い分野で活躍している歌舞伎俳優の尾上松也さん。

今回は、そんな尾上松也さんの本業・歌舞伎に出演する際のメイクをご紹介したいと思います。俳優さん自身が化粧をする歌舞伎は、役柄によって決まり事も多く、一人一人顔立ちも違うため、それぞれに工夫が凝らされているとか。化粧をしながら演じる役柄に入っていくとも言われ、役作りの上で化粧は特に重要なプロセスになっているようです。今回、写真を見て頂けるとその違いがわかるのではないでしょうか。

今から「三人吉三」松本公演の舞台稽古が始まりました!
行って来ます!

こんな日は昼から出掛けたくなりますね
僕はこれから出番です!
行って来まーす^_^

お待たせしてゴメンナサイm(__)m
今月は四枚!
「供奴」奴松平

すっかりお待たせをしてしまいましたm(__)m
竹森喜多八の写真は三枚!
「仮名手本忠臣蔵・四段目」

またまた観劇
今回は山田孝之さん主演のミュージカル「フルモンティ」を観に行って来ました!
簡単に言うと、とっても面白かったです(笑)
是非、劇場へ観に行って下さい!
オススメです!

今月は「吹雪峠」助蔵役からの始まります。
「吹雪峠」は宇野信夫作の新歌舞伎で、登場人物は三人しか出て来ない台詞劇です。
亀三郎さんと梅枝君と僕が登場します。
「人間の業」というものを表すよう、三人で日々切磋琢磨しながらつとめています。 
僕は病人という設定なので、見た目はこんな感じ(笑)

長々お待たせいたしました。先月のお役の写真をご紹介します!
「心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)」山住五平太

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス