元弁護士という経歴を持つプロのレゴ職人ネイサン・サワヤ氏。彼が作るレゴ作品は、独特の感性で多くの人を感動させているのだ。

プロのレゴ職人「ネイサン・サワヤ」

出典 http://blog.gaborit-d.com

プロのLEGO職人ネイサン・サワヤ氏。彼は7年前からLEGO作品を制作しているが、サワヤ氏が、LEGOに夢中になったのは5歳のときだという。

10歳の時に親に犬を飼うのを反対された事をきっかけにLEGOで巨大な犬の像を制作したのだという。

大人になった彼は弁護士の道へと進むのだが、小さい頃の夢を捨てきれず彼はプロのLEGO職人へと転身したのであった。

弁護士という高いステータスを捨て自分の夢への道を選んだ彼だが、今では世界各地で展示会を開くほどの人気となり、その作品には時に数百万円の価値が付く事もあるという。

そんな彼の芸術的なLEGOアートをご紹介します。

いかがでしたか?

ちなみに弁護士という地位を捨てた事を後悔していないのか?そんな事は彼の一言で愚問だと感じてしまう。

サワヤ氏は「僕のLEGOスタジオでの最悪の一日は、弁護士事務所の最高の一日より気分がいいよ!」と語っている。

作品も素敵ですがサワヤさん自身の生き方も素敵ですね!

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス