この人、知っていますか?

出典 https://twitter.com

セーラー服を着たおじさん…。この方、現役の高校生ではありません。おそらく、知らない人のほとんどが「なんなんだ?この人は?」という疑問に襲われていると思います。この方が、何者なのかを説明していきましょう!

実は普通のサラリーマンです

出典 https://twitter.com

セーラー服おじさんの本名は、小林秀彰さん。御年52歳、平日は印刷会社に勤めるサラリーマンです。最終学歴は、早稲田大学理工学部数学科の修士課程を修了。セーラー服姿と、最終学歴のギャップに戸惑います…。人を見かけで判断してはいけない、一番分かりやすい例とも言えそうです。

おじさんがセーラー服を着るようになった理由とは?

出典 https://twitter.com

きっかけは3年前のこと。「30歳以上の人が、セーラー服を着て来たら無料!」というキャンペーンに参加するために着用したのが始まりでした。以後、会社が休みの土日は、セーラー服で過ごすようになったそうです。

最初は、「通報されたらどうしよう?」と少しドキドキしていた小林さんですが、意外と見て見ぬフリをする人達が多く、スーパー、結婚式の二次会、裁判の傍聴、果ては海外旅行にもセーラー服で行ったそうです。恐るべきバイタリティ…。

原点は小学校時代にあった

出典 https://plus.google.com

小学生の頃、スカートめくりを先生に咎められ、罰として朝礼の時にピンクのスカートを穿かされたところ、クラス中の笑いを取れたことで”可愛い服”への興味が沸いたそうです。ご本人は、あくまでも可愛い服装が好きなだけで、女装という認識ではないと仰っています。

「セーラー服おじさんに会うと、幸せになれる」という都市伝説まで飛び交うようになった、小林さん。SNSなどを中心に、徐々に知名度を高め、現在では海外からの取材も受けることもしばしば。セーラー服を着て外出することで、周囲がどのような反応を示すのか観察するという治験的な側面もあると仰っています。好意的な反応を示す人、あからさまにスルーする人など様々だそうです。

そんなセーラー服おじさんが、LINEスタンプになって登場しました。絵を描いたのは、小林さんの飲み友達の石ノ森里美さんだそうです。

様々な動きを見せるおじさん

出典 https://store.line.me

遅刻しそうになるおじさん、しょげるおじさん、泥酔するおじさん…。

喜怒哀楽の激しいおじさん

出典 https://store.line.me

”激おこ”なおじさん、悩んでいるおじさん、号泣するおじさん、爆笑するおじさん…。

生活感溢れるおじさん

出典 https://store.line.me

風邪を引くおじさん、入浴するおじさん、ショッピングするおじさん、お菓子を頬張るおじさん、掃除機をかけるおじさん…。

全40種類ものスタンプ。皆さん、どのような反応をしているのか調べてみました。

現在、販売ランキングが300番台まで急上昇しており、ツイッター経由のアクセスランキングは全国1位なんだそうです。笑いのネタになりそうなスタンプ、あなたも購入してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス