チョコレートみたいな色した、しかもチョコレートプティングみたいな味がするフルーツが存在するという。「ブラックサポテ」はメキシコから中央アメリカに分布するというカキノキ科のフルーツ。上の画像は熟したものをカットしたものだが、チョコレートの気配が見るからに漂っている。

その為このフルーツは、チョコレートプリンフルーツとかチョコレート柿とも呼ばれている。成熟木は高さ25メートル以上にもなり、4.5年で実をつける。実の大きさは5~10㎝とトマトサイズ。実の色はオリーブ色から深い黄色に変わり、熟すとチョコレート色となる。

熟していない実は渋くて苦みがあるが、熟すとその食感はパパイアのようで、味はまさにチョコレートプリンのようだという。また、ビタミンCも豊富でオレンジの4倍以上も含まれており、カルシウムとリンなどの栄養素を含むヘルシーな果物なんだそうだ。

食べ方はそのままむしゃぶりついたり

ヨーグルトとまぜたり、ミルクシェークにしたり、オレンジとまぜてフルーツケーキにしたりするという。

動画は熟したものをアイスクリームと混ぜて食べているところだ。

出典 YouTube

ということで一度は食べてみたいブラックサポテ。日本でもネット通販などで売られていたようだが、今はどこも売り切れのようだね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス