学生時代、誰しもが慣れ親しんだスポーツ、なわとび。体育の授業や放課後友だちと遊ぶ時間、二重跳びにチャレンジをして、足に縄が当たり、「イテッ!」なんて経験があるかと思います。

今回ご紹介するのは、フリースタイルなわとびの選手として活動をし、競技人生を終えた後、カナダ発の有名なサーカス団「シルク・ドゥ・ソレイユ」に出演をしている粕尾将一さんが「第5回アジア大会2009」で優勝を果たしたときの映像です。

「笑点」のテーマが流れると、跳ぶだけではなく、なわとびを回したり、ときには曲のブレイクに合わせてポーズを決めたりと、コートの中を縦横無尽に跳び回り、見事なパフォーマンスを魅せています。

見た後に、思わず「オーッ!」と歓声がでる粕尾さんの動画をぜひご覧ください!

出典 YouTube

世界で数名しかできない6重跳び

出典 YouTube

こちらは粕尾さんが挑戦した世界でも数名しかできない6重跳びの映像です。腕の振りが早すぎて肉眼で捉えるのが難しいほどです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス