盆栽と聞くと、昔ながらの頑固親父な父ちゃんが庭で静かにじっと鉢植えと対峙して声をかけずらい...なんて感じの光景を浮かべる方がいらっしゃると思いますが、今回ご紹介するのは一般的にイメージしている盆栽とはちょっと一線を画した作品の数々です。

こちらの芸術的な盆栽を手がけているのは日本人アートディレクターの相羽高徳さん。

出典 https://www.facebook.com

新横浜ラーメン博物館や、すかいらーく「GUSTO」の空間プロデュースなどで知られる日本を代表するアートディレクターです。

相羽さんの作品は、盆栽の中にオブジェを置く「配件」という手法を使った作品で、相羽さんは自身が好きなテーマパークという存在を盆栽の中で表現されているとのこと。

相羽さんが生み出す創造的な盆栽の世界。小さな世界に込められた無限の可能性を感じさせてくれます。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス