気が付いていないだけで、いや実際は見て見ぬふりをしているところにもヒーローは存在する。今年99歳になるというブルガリアのこのおじいちゃん。

家をもたず路上で生活をしている。戦争で聴覚をほとんど失ってしまい、物乞いをしているが、彼を知る人はみな彼を「ブルガリアの聖人」と呼ぶ。

99歳のドブリ・ドブレフおじいさん。第二次大戦で聴覚をほとんど失ってしまった彼は、毎日25kmもの距離を徒歩で移動するのを数十年も続けている。自らが作った質素な服と皮の靴を身につけ、村からブルガリアの首都ソフィア市まで歩き、お金を恵んでもらう日々を過ごしているのだ。

物乞いをしているとはいっても自分の為にしているわけではない。ドブレフおじいさんは家を持たず、毎月80ユーロ(約11,000円)の年金で生活をやりくりしている。

おじいさんは数年かけて集めたお金をすべて、およそ40,000ユーロ(約565万円)を全て、支払いができない児童養護施設に寄付しているのだ。

物乞いで集めたお金を1セントたりとも自分の為には使わない。全額施設に渡すのだ。

ドブレフおじいさんの行いを知った人は、彼の生まれ故郷にちなみ、「ブルガリアの聖人」と呼ぶ人もいる。そんなおじいさんも今年で100歳になる。

おじいさんの物乞いは大変静かなもので、無理強いするようなことはない。その為に人々から愛される存在となっており、「ドブリおじいさん」という愛称で呼びかけられる。

人の為に何かをするということは、特別に難しいことはない。おじいさんのように、自分のできる範囲のことを続けていけばいいのだ。

おじいさんは集めたお金を自分自身の生活を豊にする為に使うこともできたはずだ。路上で過ごす必要もなかったおじいさんが、あえてそれを実行するのは、家族がいない子供たちが、少しでも幸せになってくれることが、おじいさんの幸せだからだ。

人はひとりじゃ生きていけない。人は支え合って生きている。いつもよりちょっとだけ、注意深くまわりを見てみよう。必ずどこかに人のやさしさ、善意を感じることができるはずだ。

悪意に注意を奪われ過ぎるとそれは見えてこないかもしれない。憎しみだけに囚われてしまうと自分自身が苦しむことになる。やさしさに敏感になることができれば、自らもやさしさをもって接することができる。

誰かのやさしい気持ちは誰かを幸せにさせる。めぐりめぐって自分も幸せになれる。善意も悪意も連鎖するなら、自分が幸せになれる方に敏感でいたいものだ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス