こんにちは。イケダハヤトです。

先日BBQインストラクターの方がプロデュースする、本格派バーベキューに参加してきました。

コース料理のご案内が届く

出典 http://www.ikedahayato.com

会場は高知市の鏡川沿いのもみじ橋。この日は秋晴れのBBQ日和で、60名近いバーベキュー客が集まっていました。ぼくらは大人20人、子ども10人くらいの布陣。

で、いきなり違いを感じさせるのが、バーベキューの案内にコースメニューが書いてあるんですよ。何このメニュー!

・前菜
前菜の種類を前回より増やしました!

・お肉
ビーフステーキ
ベイビーバック
リブチキン(2種類)
シュラスコ

・魚介
ムール貝の白ワイン蒸し
シダープランクサーモン(サーモンの杉板焼き)

・野菜
しいたけ&ピーマン

・デザートバーベキュー

道具が違う!

出典 http://www.ikedahayato.com

会場に行ってみると道具が明らかに他のBBQ客と違いまして、なんか丸くてでかいんですよ、グリルが。普通あの長方形のグリルじゃないですか。

話を聞いてみると「蓋が付いているので蒸し焼き、薫製など、料理の幅が広がるんです」とのこと。ちなみに炭が片方に寄っていますが「強火、弱火を使い分けるため」にこうなっていると伺いました。なるほどねー。

出典 http://www.ikedahayato.com

さぞ高い道具かと思いきや、案外これが安くて、Amazonで1〜2万円くらいでした。

テーブルにもおける小型サイズのものだと、なんと8,000円台。二人とかならこのくらいがいいんでしょうね。

お皿も使い勝手抜群!

小道具は他にも凝ってまして、たとえばこのお皿。コップが置けるんですね。コップがどこにあるかわからなくなって飲み物が無駄になることもありません。

前菜をみんなでつくる!

まずは前菜から。会場に到着したら、先に着いた方々がせっせと前菜づくりに励んでいました。

出典 http://www.ikedahayato.com

影入ってしまいましたが、たっぷり揃いました。「みんなで前菜をつくる」ということもコンテンツのひとつになっているわけですね。「バーベキューは最高のチームビルディングです」とインストラクターの方のお言葉

「塊の肉」をじっくり焼く!

さて、ここからが本領発揮。肉です肉。まずはビーフステーキ!網目がいいですねぇ。

シュラスコ!

サーモンの杉板焼き!

スペアリブ!

チキン!

写真撮り忘れましたが、分厚い牛タンもありました。もうお肉祭りで…。

見ての通り、ポイントは「塊の肉」を使うことだそうです。「分厚い肉をコストコとか肉屋で買って、じっくり焼くと本格的になります」。薄いカルビ肉とかだとすぐ焦げちゃいますもんね。

ムール貝なんかも冷めないようにストウブに入っているのが嬉しい。

デザートバーベキュー!

最後はデザートバーベキュー。まずは焼きバナナ。

これが絶品!シナモンを振って食べると、もうお店のスイーツクオリティです。

〆はマシュマロ。ひとり一本串を持ってあぶります。これも仕掛けになっていて、「マシュマロをみんなで焼くことで、会場に散ってしまった人を集めることができるんです」。バーベキュー、奥が深すぎる…。

出典 http://www.ikedahayato.com

なんか楽しみすぎて写真を撮り忘れているのですが、野菜も焼き方にこだわっており、

「ピーマンにオリーブオイルを塗って丸ごと放り込んで焼く(油を塗ることで水分の揮発を防ぐ)」「椎茸のひだに岩塩をふり、かさの表面を下にして焼き、岩塩が水分で水滴になってきたタイミングで食べる(ひっくり返す必要はない)」

など新テクニックを学ぶことができました。しいたけは感動するほど美味しかったです。

バーベキュー検定を受けよう

いやー、もうレベルが違うわけですよ。今までやってたバーベキューはバーベキューじゃないですね。河原で薄い肉を焼いていただけです。それはそれでいいですが、やっぱり本物は満足度が違います。このスタイルでバーベキューができるとモテますよこれ。

ちなみに「バーベキュー検定」なるものがあり、これを受けるとプロ品質のバーベキュー技術を身につけることができるとか。確かにこれはよさそう!

スマートバーベキュー実技講習 試食有(90分)

・自然を味方する炭の起し方
・分厚いステーキバーベキューの焼き方
・鶏肉の正しい美味しい焼き方
・「炭」の基礎知識
・火加減自由自在の炭のチャコールレイアウト法
・水鉄砲はバーベキュー道具です
・串BBQの失敗しない方法
・これからは野菜も主役に。野菜を美味しくする焼き方
・世界一美味しい「しいたけ」バーベキュー
・バーンストライプトレーニング
・バーベキューデザート
・炭の後片付け方法・・・他

今回のインストラクターは年間20回近くバーベキューをこなしているとか。会社勤めをしている方ですが、会社の方は「副業」で、バーベキューが「本業」の方です。

でもこれ実際、ちゃんと参加費取っていけば毎月3〜4万円くらい稼げるお仕事になりそうですね。プロのシェフを呼ぶようなものだと考えれば、参加者としても対価を払う価値は大いにありますし。

高知に越してからというもの、アウトドアの楽しさを感じまくっております。ネクラでひきこもりなのですが、住む場所を変えるだけで行動も変わるものなんですねぇ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス