記事提供:しらべぇ

外国人観光客も数多く訪れる世界最大の魚市場、築地。場内・場外ともに、味にはうるさい仲卸の若衆も納得するグルメな名店が軒を連ねる。なかでも、場内の「大和寿司」「寿司大」は、早朝からいつも大行列。土曜日ともなれば、2時間以上待つこともざらだ。

せっかく築地市場に来たからには、グルメ口コミサイトで人気上位の有名店に並ぶのもいい。しかし、ほとんど行列ナシで入れる“隠れた名店”があるのをご存知だろうか。

今回は、忙しい朝にも小さな幸せを与えてくれる「行列しない築地の名店」をご紹介しよう。

1:龍寿司(場内)

出典 http://sirabee.com

「海幸橋門」から場内に入り、右に曲がった並びにある寿司店。有名店からちょっと離れているせいか、味のわりには行列が少ない。

握り7貫に細巻がついたセット「菊」は2500円から。築地自慢の本マグロや熊本産の新イカなど、行列店にも決して引けをとらない美味さ。

出典 http://sirabee.com

※営業時間 6:30~14:00 定休日:日・祝・休市日

2:岩佐寿し(場内)

出典 http://sirabee.com

龍寿司の並びに店を構える、こちらの寿司店。関連会社が貝専門の仲卸を経営していることもあり、赤貝や青柳など旬の貝を7貫握った「貝づくし(3600円)」は、ここならではの味。

※営業時間 6:30~14:30(平日/土曜は15時まで) 定休日:日・祝・休市日

3:とゝや(場外)

出典 http://sirabee.com

銀座の寿司職人がこっそり教えてくれたのが、こちらの焼き鳥店。名物は、香ばしい炭火焼きの鶏もも肉とつくねが載った「サービス丼」。晴海通り沿いにあるので、場内が混んでいるときにも入りやすい。「築地に来たけど、魚の気分じゃないな」という日には是非お試しいただきたい。

出典 http://sirabee.com

※営業時間 9:00~14:00 定休日:日・祝

4:きつねや(場外)

出典 http://sirabee.com

新大橋通り沿い、アーケードの中にあるカウンター5席の小さな店。大鍋でじっくり煮込んだ「もつ煮込み」「肉豆腐」が絶品。この5店の中ではもっとも行列しがちだが、立ち食いスペースもあるので、人気寿司店に比べればずっと待ち時間は短いはず。

※営業時間 7:00~13:30 定休日:日・祝・休市日

5:瀬川(場外)

出典 http://sirabee.com

場外市場のアーケード、きつねやの並びにあるカウンター6席の店。メニューは、本マグロのづけを酢飯に載せた「まぐろ丼」のみだが、これが美味い。

築地市場がもっとも混雑する12月最後の営業日に毎年買い出しに出かける筆者は、必ずこのまぐろ丼をシメにしているが、その日でも行列することは多くない。

※営業時間 8:00~売り切れ仕舞い 定休日:日・祝・休市日

築地市場には第2・第4水曜日や日曜・祝日など「休市日」があり、場内・場外ともにほとんどの店が閉店するため、お出かけの際は公式サイトの「休開市日カレンダー」で確認を。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス