記事提供:しらべぇ

高級ホテルや一等地にお店を構えるレストラン。普段はなかなか行けないけれど、大事なデートや記念日、取引先との会食など特別感を演出したい時に食事をしたくなる場所ですよね。

大事な相手とレストランに行くだけでドキドキしていましますが、それ以上に緊張させるのが「食事のマナー」ではないでしょうか。たまにしか行けないうえに、学校で習うわけでもない。だから、何がマナー違反なのかすらよくわからないですよね?

ということで、レストランでは「何がマナー違反なのか?」について、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイにお店を構えるレストラン「ラ・プロヴァンス」のマネージャーに教えてもらいました。

マナー違反を知ることで、ここだけは気をつければ良いポイントが見えてきます。みなさん、是非“決め時”に役立ててください!

■ワイングラスの乾杯はNG?

ビールジョッキで乾杯をする時は、ジョッキとジョッキを合わせ、音を立てて盛大に乾杯するのが粋。レストランでもワイングラスで乾杯といきたいところですが、音を立てて乾杯するのはレストランではNGな行為なのです。

理由は、レストランのワイングラスは繊細に作られているものが多いので、グラスを合わせると傷が入ってしまう恐れがあるため。普段通りにしているとやってしまいがちな行為なので、注意が必要ですね。

■お肉料理を細切れにして食べる

ステーキなどのお肉料理を食べやすいように細切れにするのもマナー違反。理由は、細かく切るとお肉が冷めて固くなってしまうのと、肉汁が飛び出してしまい美味しさが半減してしまうため。食べる分だけを切り分けるのがスマートに見えるし、美味しく食べるためにも良いそうです。

■お皿の交換や取り分け

これも、普段であればよくやってしまう行為ですが、レストランではマナー違反。とはいえ、せっかくなので取り分けて食べたいという気持ちは沸き上がってきますよね。その場合は、スタッフに申し出るとお皿を用意してくれて取り分けてくれるそうです。

また、レストランのお皿は重たいものも多いので、交換する場合もスタッフを呼んでほしいとのことでした。

■パンに、スープやソースをつけて食べる

お肉料理などについているソースやスープが美味しいと、パンにつけて食べたくなりますよね。この行為も、実はマナー違反なんだそう。なぜなら、綺麗な動作ではないから。確かに納得の理由です。

とはいえ、ソースをつけて食べたい時もあります。そんな時は、「料理が美味しかったからソースをパンにつけて食べちゃった。ほんとはマナー違反だけどシェフに伝えておいて」などの言葉をスタッフに伝えてもらうと良いそうです。

いかがでしたでしょうか?

ここまでマナー違反についてお話を聞いてきましたが、レストランでの食事は相手があってこそ。スマホを見続ける、といった相手に失礼になるような行為は、マナー違反以前の話です。最低限のことに気をつけながら食事を楽しみたいですね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス