禁煙広告といえばタバコの危険性・有害性をアピールする禍々しいデザインのものばかりですが、ブラジルのテレビ局SBTが制作した禁煙マシーンが「オシャレだし効果抜群!」と話題になっています。
 
動画では喫煙人口は2500万人、90%が10代から喫煙をはじめていると紹介されています。喫煙による健康被害だけではなく、タバコを吸っている時間を別のことに使ってもらいたいという狙いで「Life Machine」という機械を制作し、若者が集まる場所に設置しました。
 
タバコを1本吸うのに使う時間は11分。Life Machineはタバコ1本あたり11分と換算し、投入したタバコの本数に応じて時間を算出し、それに見合った商品と交換ができるというもの。
 
タバコを10本投入すれば110分で、映画のチケットと交換。タバコを20本投入すればTシャツと交換など。大きな反響があり、結果13995本のタバコが投入され、吸っていれば喫煙に費やされていた153945分が体験や物と交換されました。

出典 YouTube

確かに、この方法であれば今までとは違った形で喫煙・禁煙に関心を持ってもらえそうですね!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら