もし、砂場で、砂の形に合わせてカラフルな山や川が、そして動物が出てきたら?きっと、子どもたちは夢中になって遊びますよね。

セガがそんな砂の形によって絵が浮かび上がる遊具「え~でる すなば」を発表しました。

子供たちは、室内のアミューズメント施設に設置された砂場で思い思いに砂をいじり、山や川、ハートなどの文字を作って遊びます。それだけでは普通の砂場ですが、この新しい遊具は、砂の上にプロジェクションマッピングで映像が投影されるんです。

出典 http://prtimes.jp

砂を積み上げれば山に。

出典 http://prtimes.jp

砂を掘れば海になります。紅葉や雪山など、四季も楽しめるようです。

出典 http://prtimes.jp

他にも、お題にそってハートなどの絵を描くゲーム性の高いモードなど、遊び方はさまざま。

映像はこちら

出典 YouTube

「室内なのに、砂で汚れそう」と思ってしまいますが、もちろんその点も全く心配ありません!

というのも、この砂は室内用に開発された新素材でできており、砂自体がひとつの生き物のように自在にまとまるため、手も洋服も汚すことなく遊ぶことができます。

次世代の砂遊びに、子供だけでなく大人までも夢中になってしまいそう。今年の秋からアミューズメント施設に導入されるとのことですので、リリースが待ち遠しいですね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス