narumiです。

もう聞き飽きてると思うんですが、上質なお肉を提供するのにめちゃくちゃ安いという都内随一のコスパを誇る名店「牛蔵」は、焼肉だけでなく、すき焼きも絶品なのです。

先月また行ったらやっぱり感動するくらい美味しかったので、最後にもう1回だけ書かせてください。

牛蔵のすき焼き・しゃぶしゃぶは地下店舗。焼肉は2階ですが、鍋系は地下になります。そっちに行った場合、必ず最初に頼むべきなのが生肉。牛刺し、ユッケなど定番メニューを注文し、ビールを飲みつつ、お鍋のセッティングを待ちます。

その生肉メニューに新しいやつが追加されていました。この薄い何かです。ユッケよりもさらにきめの細かい生肉を大皿いっぱいに広げ、その上にスパイスとチーズが盛りつけられています。

これをナイフでピザみたいに切り分け、包み込むようにして箸で取ります。細かいピクルスもトッピングされているのが見えます。

こいつが相当うまい。生肉メニューの中では一番好き。お酒にすごく合います。店員さんの話によれば、早い時間にはなくなってしまうらしいので、見かけたら注文しておいた方がいいでしょう。メニューの名前なんだっけな……。

こちらは定番の牛刺し。これはもう安定のうまさ。

そしてユッケ。牛蔵は2階の焼肉店だと生肉を出していないのですが、すき焼き・しゃぶしゃぶの方にはあるのです。昔は焼肉店でもユッケがあって、人気メニューでした。いつも1人1ユッケをいただいていたものです。もう3年以上前のことでしょうか。

ここで前菜は終了。主役である「すき焼き」にいきます。

もう手順は暗記しているくらいなんですが、まず何も入ってない鍋に最初に投入するのが玉ねぎ。ここに出汁とか入れていきます。この玉ねぎがあとですごくいい色に煮えてきて、甘くて美味しいのです。

そしたらお肉がやってきます。すき焼きはセットで1人1900円。このお肉のお皿1段に野菜がついてきますのでかなりお得。4人で来るとピラミッドのように積み重なります。

これをふぁさーって鍋に入れる。静かにそっと、庶民シュートのように置いてくるような感じで。

だいたい、これくらいで食べられる。

ここまでの一連の流れ、そしてこの後どうすればいいかを動画で見てみましょう。

出典 Vine

はぁ〜うまい。

もう1度、こうやって。

こうやって。

めちゃくちゃ美味い。

あと、牛蔵のすきやきは野菜も大盛なのが嬉しいところ。

すき焼きにトマトが入っていますよ。僕は地味ですが、細切りごぼうのサクサク感が大好きです。

え、なんですか?

ああ、ご飯ですね。

出典 Vine

ご飯(中盛)さいこう!

あとはもうひたすらお肉を注文し、

そっとお鍋の中に置いてきます。

本当に素晴らしい。赤ワインとのマリアージュうううう。

お会計的にはだいたい1人5000円とかでしょうか。最初に頼むセット1900円、お肉おかわり×2で1000〜2000円、あとは飲み物とか前菜って感じです。こんなに美味しいお肉を食べて、お酒もけっこう飲んでこれですから。やっぱり牛蔵すごいです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス