こんにちは。しらべぇ編集部です。

「絶対に付き合ってはいけないオトコの3大職業」というのを知っていますか? その職業とは、バンドマン・役者・芸術家です。なにを隠そう、筆者も若かりし頃に売れないバンドマンとして活動をしていましたから、なんとなくその理由は想像がつきます。

しらべぇの男性読者にもバンドマン・役者・芸術家の方々がいるでしょうし、女性読者でも「一体なぜ絶対に付き合ってはいけないのか?」と興味を持つ方がいらっしゃいますよね?

今回、筆者があれこれ手をつくし、バンドマン・役者・芸術家と付き合った経験がある女性にコンタクトを取って話を聞いてみたので、彼女たちのぶっちゃけトークを紹介していきましょう。

■バンドマン:誕生日に自作の歌を聞かされてドン引き…(28歳・Kさん)

「10代の頃、ライブハウスに通うのが趣味で、当時ファンだったアマチュアバンドのボーカルと付き合うようになりました。彼は、『オレは絶対売れるから!』が口癖でろくにバイトもせず、家に引きこもって曲作りをしてばかり。

お金がないのはわかってたけど、私の誕生日に『世界にひとつだけのプレゼント♪』と言って自作の歌を歌われたときはドン引きしました。オリジナルソングというより、自作の歌。

詞も曲もクオリティが低くて、これだから売れないんだなって思いました。当たり前ですが、別れた後はライブにも行かなくなりましたね。好きなバンドとは一定の距離を保つことが必要だと学びました」

■役者:舞台のチケットを売るのを手伝わされた…(33歳・Eさん)

「飲み会で知り合って付き合った人が舞台役者。ちょっとイケメンだったし、私からアタックしちゃったんだけど、今となっては後悔しています。お金がないから毎日同じ服を着てるし、デートはもっぱら彼の家。

『たまにはおでかけしようよ!』と誘っても、『お金ないから無理』の一点張り。お金がないことを知ってるから私がご飯をご馳走しようとしても、変にプライドだけは高いから、遠慮して結局家でコンビニ飯。

舞台役者って、公演の集客が大変じゃないですか? チケットを売るのを手伝わされて、もうダメだと思って別れました。ことあるごとに「いつか有名になる」と言ってたけど、まだ売れないままだと思いますよ。もう興味ないけど」

■芸術家:売れない奴はアーティストを名乗るな!(30歳・Oさん)

「美大の同級生と付き合っていました。卒業後、私は芸術とは関係ない会社に就職したけど、彼はアルバイトをしながら作品づくりをしたり、たまに個展を開いたり、芸術家を夢見ていました。

『アーティストは個性的じゃないといけない』と勘違いをして、変な髪形、変なファッションをしてるから、友達にも紹介できない。友だちは飲み会に彼氏を連れてくるのに、私だけひとりなんですよ?

彼氏がいないならまだしも、いるのにひとり。つらいし、恥ずかしかったなぁ……。彼はアーティストを気取ってましたけど、売れない奴はアーティストじゃない。本物のアーティストに失礼ですよ」

元バンドマンとしては、耳の痛い話ばかりです。冒頭で3大職業と書きましたが、厳密にはバンドマン“志望”、役者“志望”、芸術家“志望”の男ですね。全てに共通するのが、お金がない、勘違い、夢見がちということ。

もちろん、なかには有名になって成功する人もいますが、割合としてはひとつまみ以下。バンドマン志望、役者志望、芸術家志望の男が語る“夢”は、話半分どころか、百分の一ぐらいに受け止めたほうがいいのかもしれません。そのうえで続いていく恋愛は、とても素敵だと思います。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス